トピックス

ドラフト上位指名候補のタイリース・ハリバートンは最も無難な選手?トレーナーが絶賛「フランチャイズの勝利に貢献できる」

2020年のNBAドラフトで上位指名が期待されているアイオワ州立大のタイリース・ハリバートンは、全体1位指名候補とは見なされていないものの、最も無難な選手の一人として定義されている可能性があります。

『Newsday』のスティーブ・ポッパー記者によれば、大学のシーズンが終わった後にラスベガスでハリバートンを指導していたトレーナーのジョー・アブナサールは、ハリバートンの才能を絶賛するコメントを残しました。

「私は全体1位や全体2位で指名される選手をたくさん指導してきたが、彼はそういった選手にも差をつける存在だ。チームが彼に注目しているのは、アプローチやメンタリティ、人格の良さというものを兼ね備えているからだ。彼がコートに足を踏み入れれば、誰もがステップアップできる。彼は最も謙虚な選手でもある。彼はフランチャイズの勝利に貢献できる選手だよ」

Newsday

アブナサールによると、ハリバートンは大学のシーズン終了後に体重が15~18ポンド(約6.8~8.2kg)も増加したようです。

ESPN』の2020年のドラフトに参加する選手ランキングでは、ハリバートンは全体で8番目にランクインしており、ポイントガードではラメロ・ボールに次いで2番目となっています。

彼の強みでもあるシューティングやバスケットボールIQは、現代のNBAでポイントガードとして成功を収めるために必要不可欠な才能でもあるため、そういった意味では、彼が無難な選手として評価されるのは驚きではないでしょう。

合わせて読みたい
2020年のNBAドラフトにおける上位30人の選手の長所と課題、指名する可能性があるチーム

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS