リポート

2020年のフリーエージェント4日目のFA契約、トレード、契約延長まとめ

2020年のフリーエージェントは4日目を迎え、チームの大半はミニマムサラリーでの契約や2way契約にも焦点を当て始めているため、大きな話題は少なくなっています。とはいえ、ダリオ・サリッチ、マーキーフ・モリス、デマーカス・カズンズといった知られた選手も4日目にして契約合意に至りました。

トレードも目ぼしいものが無いものの、契約延長ではつい最近ニューオーリンズ・ペリカンズへトレードされたスティーブン・アダムスが、2年3,500万ドルで2021-22シーズンから始まる新たな契約に合意しました。

ここでは2020年のフリーエージェントの4日目に起きたFA契約、トレード、契約延長をまとめていきます。

関連記事
【2020年オフシーズン】全30チームのフリーエージェントの移籍状況一覧

FA契約(金額順)

  • ダリオ・サリッチ:サンズと3年2,700万ドルで合意
  • アレックス・レン:ラプターズと1年232万ドルで合意
  • マーキーフ・モリス:レイカーズと1年ミニマムサラリーで合意
  • マシュー・デラベドーバ:キャバリアーズと1年ミニマムサラリーで合意
  • ウェニエン・ガブリエル:ペリカンズと2年ミニマムサラリーで合意
  • シンダリウス・ソーンウェル:ペリカンズと1年ミニマムサラリーで合意
  • デマーカス・カズンズ:ロケッツと1年ミニマムサラリーで合意
  • ラングストン・ギャロウェイ:サンズと1年ミニマムサラリーで合意
  • ケイタ・ベイツ・ディオップ:スパーズと2way契約で合意
  • アダム・モコカ:ブルズと2way契約で合意
  • デイミアン・ドットソン:キャバリアーズと2way契約で合意
  • ドウェイン・スットン:ウォリアーズと2way契約で合意
  • タッコ・フォール:セルティックスと2way契約で合意
  • トレモント・ウォーターズ:セルティックスと2way契約で合意
  • ジョーダン・ボーン:マジックと2way契約で合意
  • ソロモン・ヒル:ホークスと1年契約で合意(金額不明)
  • ブレーン・タイリー:ヒートと契約合意(詳細不明)
  • アンソニー・ラム:ピストンズと契約合意(詳細不明)

トレード(各チームが獲得した選手や資産を記載)

ニックス↔ジャズ

ニックスジャズ
エド・デイビス
2つの将来のドラフト2巡目指名権
金銭

注釈

3日目でニックスがエド・デイビスをミネソタ・ティンバーウルブズにトレードしていることを報じましたが、その前に今回のトレードが成立し、ニックスがジャズからデイビスを獲得しているものと思われます。

76ers↔ピストンズ

76ersピストンズ
トニー・ブラッドリーザイール・スミス

バックス↔キャバリアーズ

バックスキャバリアーズ
イルマン・カラマンとの交渉権2025年ドラフト2巡目指名権

注釈

今回のトレードで、以前にバックスがキャバリアーズへ放出した2022年ドラフト1巡目指名権の保護条件も無くなりました。

契約延長

  • スティーブン・アダムス:ペリカンズと2年3,500万ドルで合意

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2021 NBA TOPICS