リポート

ティンバーウルブズが八村塁の獲得に関心?

NCAAの最優秀スモールフォワードに与えられるジュリアス・アービング賞を受賞し、日本人初となるドラフト指名でのNBA入りが期待されているゴンザガ大の八村塁について、どうやらミネソタ・ティンバーウルブズが獲得に関心を抱いているようです。

『Basketball Insiders』の報道によると、今年のドラフトの全体11位指名権を持つティンバーウルブズが、それまでに八村が残っていた場合は指名すると、彼自身と約束したかもしれないことを伝えました。

ティンバーウルブズは、アンソニー・トリバーとタージ・ギブソンが今夏に無制限フリーエージェントとなるため、カール・アンソニー・タウンズの新たなペアとして、八村を検討している可能性があるようです。

NBAのスター選手の一人であるタウンズとのペアが実現すれば、私たちにとって非常に見応えのあるものとなりますね。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS