キャリア最多となる52分間に出場したカワイ・レナード、負荷管理からの脱却がチームを勝利へ導く

(引用元:flipboard.com)

ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス決勝第3戦、トロント・ラプターズのカワイ・レナード”負荷管理”される環境から脱却したようです。

 

第2オーバータイムまでもつれる激戦の中、レナードはキャリア最多となる52分間の出場で36得点、9リバウンド、5アシストを記録し、ラプターズを118-112の勝利に導きました。

 

 

試合後、レナードは52分間の出場に疲労を感じたと明かします。

 

「52分間だし、プレイオフの試合だから、間違いなく(疲労を)感じるね。30分プレイしても、まだ感じるんだ。ただ、心配せずに、治療を受けて、次の試合に臨まないといけないね。」



第4クォーター途中、好調だったカイル・ラウリーノーマン・パウエルがファウルアウトし、不調のフレッド・ヴァンブリートダニー・グリーンがコートに入ったにも関わらず、ラプターズは勝利を収めました。

 

ラウリーパウエルで計30得点を挙げていたのに対し、ヴァンブリートグリーンは計6得点しか記録できていません。

 

▲ラウリー&パウエルのショットチャート

▲ヴァンブリート&グリーンのショットチャート

 

試合後、ラウリーはこう語りました。

 

「(ファウルアウトは)ふざけていた。でも僕たちは勝ったんだ。それが最も重要なことだよ。」



ラプターズが勝利を収められたのは、いつものように大半がレナードの影響によるものでした。

 

興味深いことに、ラプターズのニック・ナースHCは、バックスのヤニス・アデトクンボレナードをマッチアップさせています。

 

この策は見事に的中し、『ESPN Stats & Information research』によれば、第3戦でアデトクンボレナードとマッチアップした際のフィールドゴールは、9本中わずか1本の成功の2得点に抑えられたのです。

 

他の選手とマッチアップした時、アデトクンボはフィールドゴール7本中4本成功の10得点を記録しました。

 

 

 

ラウリーレナードについて、『ESPN』にこう語りました。

 

「聞いてくれ、カワイはNBAで最高のツーウェイプレイヤーだと思うんだ。個人的にそう信じているよ。」

 

そしてレナードに苦しめられたアデトクンボは、最終的に第2オーバータイム開始早々にファウルアウトし、12得点、23リバウンド、7アシスト、4ブロック、そして8ターンオーバーを記録してコートを去っています。



ラプターズは2点リード(96-94)で迎えた第4クォーター残り7.4秒、パスカル・シアカムがフリースローを2本とも外したことが痛手となり、同点に追いつかれてしまいました。

 

それでも試合後、レナードはそのことについて、笑顔でこう語ります。

 

「僕は彼に ”今夜は1時間もプレイすることになっちゃったじゃないか。”と言ったよ。彼は”ごめんよカワイ。次は2本のフリースローを決めるからさ。”って言ったよ。」

 

そうしてレナードがジョークを言えるのは、出場時間を制限して”負荷管理”するよりも、チームの勝利が重要である何よりの証拠でしょう。

 

(参考記事:Kawhi shrugs off leg issue after win: ‘I’m good’

第2戦ではっきりしたベンチ力の差「僕たちは互いに信頼し合っている」

2019-05-18

伝説的なショットを決めたカワイ・レナード――第7戦でのブザービーターは史上初

2019-05-13

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください