今夏のケビン・デュラント争奪戦に、クリッパーズも参戦?

(引用元:flipboard.com)

今年の夏、ゴールデンステート・ウォリアーズのケビン・デュラントは、3,150万ドルのプレイヤーオプションをオプトアウトすることで、フリーエージェントとなることが可能です。

 

そして、デュラントはニックスと契約するであろうという憶測が飛び交っていることも知られています。

 

しかしどうやら、デュラントの争奪戦に新たなチームが参戦したかもしれません。



『New York Times』のマーク・ステイン氏は、次のように伝えました。

 

「私が先月話し合った、賢く、精通した関係者は、ロサンゼルス・クリッパーズがニックスと同様に(デュラント獲得の)危険な脅威として浮上しており、ゴールデンステートから離れてサインすると語った。そして私はそれを信じている。」

 

しかしステイン氏によれば、関係者は次のようにも語っていたようです。

 

「問題は、デュラントが既にニックスに加入しようと計画しているということを、信頼できるインサイダーから聞いたことがある。それから、彼は同様に(ブルックリン)ネッツへの移籍を考慮する可能性があるということ、そして今、彼はニックスと同じくらい、クリッパーズに注目しているということもだ。」

 

ただ、様々な噂が飛び交っている一方で、デュラントのマネージャーであるリッチ・クレイマン氏は、今夏にデュラントがどこへ移籍するかまだ分からないと言いました。

 

ケビン・デュラントが次にプレイする場所について、彼のマネージャーであるリッチ・クレイマン氏は、『WSJ Future Of Everything Festival』で「100%未定」だと言う。

「彼は本当に分からない。私も本当に知らないんだ。」



『Spotrac』によれば、ニックス、クリッパーズ、ネッツはいずれも、今夏に5,000万ドル以上のキャップスペースを確保することができるため、金銭的な面では十分な余裕があります。

 

クリッパーズとネッツはプレイオフに進出した一方で、ニックスはリーグ最低勝率を記録し、6年連続でプレイオフを逃しているため、もしかするとデュラントはチームの成績も考慮するかもしれません。

 

クリッパーズは、若く才能のあるロスターを保持しており、今年のプレイオフではファーストラウンドでウォリアーズを第6戦まで苦しめました。

 

デュラントがクリッパーズに加わることになれば、来季のクリッパーズはさらに先のステップへ進めることになるでしょう。

 

(参考記事:Kevin Durant Rumors: Clippers, Knicks ‘Equally Dangerous’ to Sign Warriors Star

ドラフト、トレード、FA…今夏にブルズが獲得できる可能性があるポイントガードは?

2019-05-21

ロケッツのオーナーが、来季こそウォリアーズを倒せると自信「勝てると約束できる」

2019-05-12

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。



2Kシリーズ最新作「NBA2K19」




シリーズ累計8,000万本の売り上げを誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!本場NBAの興奮やリアリティを体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください