ジェームス・ハーデンとクリス・ポールが、第6戦の敗戦後に衝突?

(引用元:flipboard.com)

ヒューストン・ロケッツがカンファレンス準決勝第6戦で、ゴールデンステート・ウォリアーズに敗れてシリーズ敗退となった後、どうやらロケッツのロッカールームには緊張が走っていたようです。

 

『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏によると、ロケッツのジェームス・ハーデンクリス・ポールが、「第6戦で互いに張り詰めた空気を重ね、試合後のロッカールームで言い合いが最高潮に達した」と伝えました。

 

それは第6戦におけるボールの分配を中心とした言い合いだったようですが、シャラニア氏は次のようにも指摘しています。

 

「ロケッツはシーズンを通じてプレイスタイルの衝突のようなものが、チームメンバー、特にクリス・ポールとあり、(ロケッツのヘッドコーチである)マイク・ダントーニのオフェンスや、多くの動きを、頻繁に話し合っていた。」



ロケッツのレギュラーシーズンでのペース(48分あたりのポゼッション数)はリーグ27位を記録しており、その多くでハーデンがボールをコントロールしていました。

 

それでも、ハーデンは今季平均36.1得点とMVP級の活躍をしたことで、ロケッツはがウェスタン・カンファレンスの激しい競争に生き残れることを証明しています。

 

しかし、ウォリアーズに対してそれは通用しませんでした。

 

そして結果的に、2人の主要なボールハンドラーが、互いに不満を持っているようです。

 

(参考記事:James Harden, Chris Paul Had ‘Verbal Exchange’ After Game 6 Loss to Warriors

ロケッツのオーナーが、来季こそウォリアーズを倒せると自信「勝てると約束できる」

2019-05-12

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください