リポート

ジェームズ・ハーデンとクリス・ポールが、第6戦の敗戦後に衝突?

ヒューストン・ロケッツがカンファレンス準決勝第6戦で、ゴールデンステイト・ウォリアーズに敗れてシリーズ敗退となった後、どうやらロケッツのロッカールームには緊張が走っていたようです。

『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏によると、ロケッツのジェームズ・ハーデンとクリス・ポールが、「第6戦で互いに張り詰めた空気を重ね、試合後のロッカールームで言い合いが最高潮に達した」と伝えました。

それは第6戦におけるボールの分配を中心とした言い合いだったようですが、シャラニア氏は次のようにも指摘しています。

「ロケッツはシーズンを通じてプレイスタイルの衝突のようなものが、チームメンバー、特にクリス・ポールとあり、(ロケッツのヘッドコーチである)マイク・ダントーニのオフェンスや、多くの動きを、頻繁に話し合っていた。」



ロケッツのレギュラーシーズンでのペース(48分あたりのポゼッション数)はリーグ27位を記録しており、その多くでハーデンがボールをコントロールしていました。

それでも、ハーデンは今季平均36.1得点とMVP級の活躍をしたことで、ロケッツはがウェスタン・カンファレンスの激しい競争に生き残れることを証明しています。

しかし、ウォリアーズに対してそれは通用しませんでした。

そして結果的に、2人の主要なボールハンドラーが、互いに不満を持っているようです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2021 NBA TOPICS