ケビン・デュラントが、自身の居ないウォリアーズの方が強いという概念を否定

(引用元:flipboard.com)

ヒューストン・ロケッツとのカンファレンス準決勝第5戦でケビン・デュラントが右ふくらはぎを怪我して以降、ゴールデンステート・ウォリアーズは彼の居ない状態で5試合を戦い、無敗でNBAファイナルまで上り詰めました。

 

もちろんそうなれば、デュラントの居ないウォリアーズの方が強いのではないか、という概念も生まれてくるのもおかしな話ではありません。

 

しかしデュラントは怪我をして以降、ウォリアーズの全ての試合を観戦し、そして全ての周囲からの声を聞いており、シンプルに「それは間違っている」と否定しました。



金曜日に行われた記者団との最初のミーティングで、デュラントは次のように語りました。

 

「僕がここに来てから、ウォリアーズとKD(ケビン・デュラント)という感じになっているね。僕はそれを理解しているし、僕がこの文化の一員になるためにやったことを、チームメイトや組織はしっかり分かってくれていると感じているよ。」

「自分がチームに何をもたらしたかは分かっているけど、外野の人々が僕たちを一緒に見たくないと言っているのも分かっている。」

 

ヒューストンで行われたカンファレンス準決勝の第6戦にも、ポートランドで行われたカンファレンス決勝の第3戦や第4戦にも、デュラントはチームに同行しませんでしたが、彼はその間にチームを取り巻く報道を見ていました。

 

ウォリアーズのチームメイトや、スティーブ・カーHCは、デュラントがチームにとってどれだけ重要かを訴えてきましたが、それでもデュラントが居ないほうが強いのでは、という概念は日に日に強くなっています。

 

デュラントは、続けてこう語りました。

 

「僕やみんなが試合を観戦していて、みんながその話題について話しているから、そこから目をそむけるのは難しいね。僕としての見解は、リハビリに集中するだけでなく、チームのファンにもなりたいんだ。チームメイトを別の視点からも楽しみたいんだよ。僕はチームに同行できないからテレビを点けるのに、聞こえてくるのはノイズだけさ。」

「選手として、そのことについて考えているよ。”バスケットボールの観点で言えば、(デュラントの居ないウォリアーズの方が強いというのは)間違っている”というのが僕の考えだね。」



ウォリアーズのステフィン・カリーは、デュラントのコメントを擁護しています。

 

そしてカリーは、なぜデュラントが批判の対象となっているのか分からないと語りました。

 

「この3年間で、みんなは僕たちの細かい部分を指摘したり、チームのケミストリーに楔を打ち込もうとしたりしていた。そして今年も、(デュラントの)フリーエージェントで広がっている。細かく調べたり、批判したりしない人なんて、誰も居ない。上手くプレイすると、誰も幸せにならないんだ。僕はそれに最も驚いたね。KDが上手くプレイしていると、”ああ、彼らは次元が違うから、見ていてもつまらない”ってなるんだ。あるいは彼が居ない時に試合に勝つと、”居ないほうが良いのでは?楽しいのでは?”ってなる。どんな質問であれ、いつもそれを聞きに来るよね。」

 

ウォリアーズの現状に関心を持ち、そこから様々な憶測が生まれることは仕方のないことかもしれません。

 

しかし過剰な詮索もまた、誰かが得をするわけではないでしょう。

 

(参考記事:Kevin Durant shoots down notion Warriors are better without him

ケビン・デュラントとデマーカス・カズンズ、NBAファイナル第1戦の復帰の可能性は低い

2019-05-24

ケビン・デュラントの復帰を願うドレイモンド・グリーン

2019-05-23

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください