リポート

ロケッツがマイク・ダントーニHCを解任する可能性あり?

来季、ロケッツのコーチングスタッフは大きく異なっているかもしれません。

『Houston Chronicle』のジョナサン・フェイゲン氏の報告によると、ロケッツはジェームズ・ハーデンのトレーナーでもあったアシスタントコーチのアービング・ローランド氏を解任したようです。

ローランド氏はロケッツの選手育成責任者でもあり、2016年にロケッツに加わる前から、ハーデンと協力関係にあった人物でした。



『New York Times』のマーク・ステイン氏は、このコーチングスタッフの解任が、ロケッツのマイク・ダントーニHCを解任するための試みなのかもしれないと指摘しています。

(ロケッツの)新しいオーナーであるティルマン・ファティータ氏は今月初め、マイク・ダントーニHCをヒューストンのコーチとして維持する意向を語った。しかし、ダントーニHCのスタッフの急激な変更は、ダントーニHCを解任しようとしているのではないか、と疑問を持つ人もいる。

一方でダントーニHCは、ロケッツで長期的なコーチングができることに期待を寄せています。

ダントーニHCは、ヒューストンがリーグで2番目に優れたチームだと見なされた3シーズンの後、ロケッツから複数年の契約延長を得ることに期待し続けていると、多くのインタビューで語っている。ダントーニHCの契約は、残り1シーズンしか無い。

2016年、ダントーニ氏はロケッツのヘッドコーチに就任して以降、173勝73敗という好成績を記録していますが、プレイオフではゴールデンステイト・ウォリアーズに2度も敗れる結果となりました。

それでもファティータ氏は、来季こそウォリアーズを倒すことに自信を持っており、今現在チームに大幅な変更を加えています。

ファティータ氏は今月初め、次のように語りました。

「55試合勝つのに十分なチームであることは分かっているが、それでは不十分だ。私たちは、ウェスタン・カンファレンスの決勝に進めると分かっているチームにする必要がある。それから、優勝するためには、ちょっとした運も必要だね。私たちは自分自身を向上させるためならば、このオフシーズンでやれることは何でもやるよ。」

「やれることは何でもする」――その言葉が、ダントーニHCをいつ解任してもおかしくないことを意味しているのかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS