リポート

ニックスがドラフト3位指名権のトレードを検討中?

今年のNBAドラフトの全体3位指名権を持つニューヨーク・ニックスが、デューク大のRJ・バレットを指名するだろうとは言われていますが、必ずしもそれがニックスのメンバーになるとは限りません。

『ESPN』のジョナサン・ジボニー氏によれば、ニックスはこの全体3位指名権をトレードで手放すことを考えているようです。

そして最も可能性が高いものとして、アトランタ・ホークスの全体8位と10位の指名権とのトレードだと言われています。

なぜ、このトレードが成立する可能性があると考えられるか、理由はいくつか挙げられるでしょう。

ホークスは、昨年のトレードを活かすチャンス

昨年のドラフトで起きた出来事は、一つのNBAの歴史を動かしたかもしれないものでした。

全体3位でルカ・ドンチッチを指名したホークスは、全体5位でトレイ・ヤングを指名したダラス・マーベリックスとトレードを行なったからです。

マーベリックは多くのものをホークスに譲渡した代わりに、ドンチッチは世代を代表する選手として評価されました。

一見すればホークスの失敗のようにも思えますが、このトレードでホークスは今年の全体10位指名権を獲得しているため、ニックスとのトレードに有効活用できるかもしれません。

指名する選手が決定的

ニューオーリンズ・ペリカンズは、全体1位でザイオン・ウィリアムソンを指名することが確実視され、メンフィス・グリズリーズは全体2位でジャ・モラントを指名することを明らかにしています。

既に上位のチームが誰を指名するのか明確であるということは、ホークスにとっても非常に魅力的なことだと言えるでしょう。

彼らは、トレイ・ヤングを中心にチームを構築することを試みています。

ニックスの今夏のため

ニックスは、今夏の大物フリーエージェントであるケビン・デュラントやカイリー・アービングの興味を引くために、将来的に有望な2人の選手を獲得しておきたいという考えがあるのかもしれません。

問題は、ニックスがどのタイミングでトレードを仕掛けるか、ということになります。

今季リーグ最低勝率を記録したニックスにとって、今年の夏は変化を生み出せる大きなチャンスだと言えるでしょう。

ニックスが全体3位指名権をどのように扱うのかも、目が離せません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-, ,

© 2021 NBA TOPICS