ニックスがドラフト3位指名権のトレードを検討中?

(引用元:empiresportsmedia.com)

今年のNBAドラフトの全体3位指名権を持つニューヨーク・ニックスが、デューク大のRJ・バレットを指名するだろうとは言われていますが、必ずしもそれがニックスのメンバーになるとは限りません。

 

『ESPN』のジョナサン・ジボニー氏によれば、ニックスはこの全体3位指名権をトレードで手放すことを考えているようです。

 

そして最も可能性が高いものとして、アトランタ・ホークスの全体8位と10位の指名権とのトレードだと言われています。

 

なぜ、このトレードが成立する可能性があると考えられるか、理由はいくつか挙げられるでしょう。



ホークスは、昨年のトレードを活かすチャンス

昨年のドラフトで起きた出来事は、一つのNBAの歴史を動かしたかもしれないものでした。

 

全体3位でルカ・ドンチッチを指名したホークスは、全体5位でトレイ・ヤングを指名したダラス・マーベリックスとトレードを行なったからです。

 

マーベリックは多くのものをホークスに譲渡した代わりに、ドンチッチは世代を代表する選手として評価されました。

 

一見すればホークスの失敗のようにも思えますが、このトレードでホークスは今年の全体10位指名権を獲得しているため、ニックスとのトレードに有効活用できるかもしれません。

 

指名する選手が決定的

ニューオーリンズ・ペリカンズは、全体1位でザイオン・ウィリアムソンを指名することが確実視され、メンフィス・グリズリーズは全体2位でジャ・モラントを指名することを明らかにしています。

 

既に上位のチームが誰を指名するのか明確であるということは、ホークスにとっても非常に魅力的なことだと言えるでしょう。

 

彼らは、トレイ・ヤングを中心にチームを構築することを試みています。

 

ニックスの今夏のため

ニックスは、今夏の大物フリーエージェントであるケビン・デュラントカイリー・アービングの興味を引くために、将来的に有望な2人の選手を獲得しておきたいという考えがあるのかもしれません。

 

問題は、ニックスがどのタイミングでトレードを仕掛けるか、ということになります。



今季リーグ最低勝率を記録したニックスにとって、今年の夏は変化を生み出せる大きなチャンスだと言えるでしょう。

 

ニックスが全体3位指名権をどのように扱うのかも、目が離せません。

 

(参考記事:Knicks looking to trade out of third pick in NBA Draft?

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください