カイリー・アービングがネッツ移籍を”真剣に”検討、ネッツも第一歩を踏み出すトレードに合意

(引用元:foxsportsasia.com)

ボストン・セルティックスのカイリー・アービングが、ブルックリン・ネッツへ移籍するのは、もはや時間の問題かもしれません。

 

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏によれば、アービングは今夏にネッツの一員になることについて”真剣に”検討しているようです。

 

そしてネッツもまた、アトランタ・ホークスと以下のトレードに合意したことで、アービング獲得への第一歩を踏み出しました。

 

ネッツの獲得 ホークスの獲得
トーリアン・プリンス

2020年1巡目指名権(ロッタリープロテクト)

2021年2巡目指名権

アレン・クラブ

2019年全体17位指名権

 

ネッツはアレン・クラブを手放すことにより、今夏のキャップスペースに約1,800万ドルを上乗せできるようになります。



ネッツが、ディアンジェロ・ラッセルカイリー・アービングの、エキサイティングなバックコートコンビを実現させる可能性は、だんだんと高まっているでしょう。

 

ラッセルは最近『New York Post』のブライアン・ルイス氏に対し、アービングがネッツに加入するのであれば歓迎するものの、必ずしも執着しているわけではないと語りました。

 

「もし完全に正直であるなら、俺は今シーズン過ごしたチームを楽しんだよ。彼が加わるのであれば、もちろん俺たちはより良いチームになるだろうね。だけど、俺は過ごしてきたチームを楽しめなかったと言うつもりはない。」

 

たびたび推測されてきたアービングの移籍先も、ついに決定打となるのか、今後の情報にも期待しましょう。

 

(参考記事:Woj: Kyrie Irving ‘Serious’ About Signing with Nets; Brooklyn Vying for Top FAs

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください