アンドレ・イグダーラを狙うチームは、どのようにして彼を獲得できる?

(引用元:innovation-village.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズからメンフィス・グリズリーズへトレードされたアンドレ・イグダーラは、優勝を狙うチームにとってはまだ重要なピースであり続けるでしょう。

 

現時点で、イグダーラを狙っているチームは、ヒューストン・ロケッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ダラス・マーベリックスが噂されています。

 

トレードでは公平を期すためにサラリーをマッチさせなければなりません。

 

イグダーラは2019-20シーズンに1,718万5,185ドルの契約を持っているため、彼を獲得するチームは最低でも1,218万5,185ドル以上の選手を提示する必要があります。

 

どのようにすればロケッツ、クリッパーズ、マーベリックスがイグダーラを獲得できるのか、それぞれ見ていきましょう。



ヒューストン・ロケッツ

クリント・カペラPJ・タッカーエリック・ゴードンを手放したくないであろうロケッツですが、もちろんそうすればイグダーラの獲得は非常に困難になります。

 

しかし、今夏にフリーエージェントとなったイマン・シャンパートを含むサイン・アンド・トレードを画策すれば、このシナリオは現実味を帯びてくるでしょう。

 

シャンパートとは3年契約を結ぶ必要がありますが、完全に保証されるのは1年間のみであり、総額はぴったり1,218万5,185ドルでサインできます。

 

シャンパートにとっても、どのチームからもオファーが無いことを考えれば、この契約を断る理由はありません。

 

ロサンゼルス・クリッパーズ

クリッパーズもロケッツと同様に、放出する選手に悩まされています。

 

1,151万1,234ドルで残り1年の契約を持つモーリス・ハークレスを含めるのは前提としても、これでは不十分であるため、もう一人の選手を含める必要があるでしょう。

 

おそらくジェローム・ロビンソンか、2019年のドラフトで指名されたルーキーが含まれることになります。

 

ダラス・マーベリックス

『DallasBasketball.com』のマイク・フィッシャー氏によると、マーベリックスもイグダーラの獲得に関心を抱いているようで、コートニー・リーとドラフト2巡目指名権であれば提示しても良いと考えているようです。

 

リーは残り1年で1,275万9,670万ドルの契約であるため、マーベリックスは他に選手を追加する必要はありません。

 

しかし唯一の問題として、フィッシャー氏は、グリズリーズがリーを受け取ることに関心が無いようだと伝えています。



ただし、イグダーラがどのチームにトレードされようと、少なくとも言えるのはグリズリーズが勝者になるだろうということです。

 

ウォリアーズはイグダーラを手放さざるを得なかったため、グリズリーズはサラリーダンプを引き受ける代わりに将来の1巡目指名権や金銭を受け取りました。

 

それはあたかもグリズリーズがイグダーラを悪い契約のように評価しましたが、次の場合は逆であり、イグダーラを良い契約として売り出すことで、再び資産を得ようとしています。

 

恐ろしいことに、『New York Times』のマーク・ステイン氏によると、グリズリーズは1巡目指名権が提示されなかった場合、イグダーラをチームに残し続けるという考えに傾きつつあるようです。

 

イグダーラの獲得を狙うチームは、おそらくグリズリーズの手のひらの上なのでしょう。

イグダーラは2019-20シーズンをどこでプレイすると思う?

(参考記事:Andre Iguodala drawing interest from Rockets, Clippers, Mavs?

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください