レイカーズのトレードに対するロンゾ・ボールの反応「近いうちに動かされると思っていた」

(出典:ibtimes.com)

2017年のドラフトでロサンゼルス・レイカーズが全体2位でロンゾ・ボールを指名し、当時の球団社長であったマジック・ジョンソン氏は彼のことを、垂木にジャージーをかけられる(永久欠番となる)可能性がある選手と評価しました。

 

それから2シーズンに渡って怪我などに苦しんだ今、ボールアンソニー・デイビスのためにニューオーリンズ・ペリカンズへトレードされています。

 

しかしボール自身は、既にレイカーズを離れる準備が出来ており、トレードに憤りも感じていないようでした。

 

ボールは『ESPN』に対し、次のように語っています。

 

「正直言って、まあまあ興奮していたよ。遠くないうちに、誰かがたくさん動かされると思っていた。アンソニー・デイビスが来たがっているのを知っていたからね。そのような選手を獲得できるなら、いつだって彼を獲得するために必要なことをするだろう。だから、俺は既にトレードを待っているだけのようなものだったし、B.I.(ブランドン・イングラム)とJ・ハート(ジョシュ・ハート)と一緒に移籍できて嬉しかったよ。俺たちができることにワクワクしている」



「ロサンゼルスから入団して(ボールの出身校はUCLA)、ここに家族全員が居て、レイカーになりたいと思っている。でも、2年間リーグでプレイしているなら、それがビジネスだと分かっている限り、プレイできれば幸せだよ

 

ボールは付け加えて、今年のドラフトで全体1位指名されたザイオン・ウィリアムソンと一緒にプレイすることに、最も興奮していると語りました。

 

ドラフト2位指名らしさは薄れたボールですが、彼もまだ21歳であり発展途上の段階です。

 

きっとペリカンズに多くのものを与えてくれることでしょう。

(参考記事:Lonzo Ball on reaction to being traded by Lakers: ‘I was kind of excited’

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください