デイミアン・リラードのブザービーターは「シアトルのため」

今年のプレイオフにおける最高のハイライトの一つと言えば、ポートランド・トレイルブレイザーズ対オクラホマシティ・サンダーのファーストラウンド第5戦でしょう。

トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは50得点を挙げただけでなく、115-115の同点で迎えた残り0.4秒には37フィート(約11m)離れた位置からスリーポイントシュートを沈め、劇的なブザービーターでシリーズ突破を決めました。

今思えば、それはサンダーのフランチャイズにおける一つの時代の終焉でもありました。



先日、リラードは『Sports Business Radio Podcast』のインタビューで”デイム・タイム”の進化について話し、サンダー戦のブザービーターについてもコメントしています。

彼は笑いながら、簡単にこう言いました。

「なんて言えばいいんだろうね?シアトルのためかな

サンダーにとっては、史上初の3年連続ファーストラウンド敗退でもありました。

彼らはキャップスペースの観点から多くの動きをすることが出来ませんでしたが、リラードのショットの影響からか大きな動きをするまでに至っています。

ポール・ジョージはトレードを要求してロサンゼルス・クリッパーズへ移籍し、ラッセル・ウェストブルックもヒューストン・ロケッツへトレードされました。

この10年間、常にレギュラーシーズンで勝ち越してきたサンダーは、オクラホマ移転後初となる再建を迎えようとしています。

サンダーの前身であるシアトル・スーパーソニックスが、最後に3シーズン連続で負け越してプレイオフ出場を逃し、以来シアトルにはNBAチームが存在しません。

もちろんリラードがサンダーへ恨みを持っているというわけではありませんが、サンダーに再建を余儀なくさせた彼のショットは、言うなれば「シアトルのため」だったのでしょう。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。