トピックス

デイミアン・リラードのブザービーターは「シアトルのため」

今年のプレイオフにおける最高のハイライトの一つと言えば、ポートランド・トレイルブレイザーズ対オクラホマシティ・サンダーのファーストラウンド第5戦でしょう。

トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは50得点を挙げただけでなく、115-115の同点で迎えた残り0.4秒には37フィート(約11m)離れた位置からスリーポイントシュートを沈め、劇的なブザービーターでシリーズ突破を決めました。

今思えば、それはサンダーのフランチャイズにおける一つの時代の終焉でもありました。



先日、リラードは『Sports Business Radio Podcast』のインタビューで”デイム・タイム”の進化について話し、サンダー戦のブザービーターについてもコメントしています。

彼は笑いながら、簡単にこう言いました。

「なんて言えばいいんだろうね?シアトルのためかな

サンダーにとっては、史上初の3年連続ファーストラウンド敗退でもありました。

彼らはキャップスペースの観点から多くの動きをすることが出来ませんでしたが、リラードのショットの影響からか大きな動きをするまでに至っています。

ポール・ジョージはトレードを要求してロサンゼルス・クリッパーズへ移籍し、ラッセル・ウェストブルックもヒューストン・ロケッツへトレードされました。

この10年間、常にレギュラーシーズンで勝ち越してきたサンダーは、オクラホマ移転後初となる再建を迎えようとしています。

サンダーの前身であるシアトル・スーパーソニックスが、最後に3シーズン連続で負け越してプレイオフ出場を逃し、以来シアトルにはNBAチームが存在しません。

もちろんリラードがサンダーへ恨みを持っているというわけではありませんが、サンダーに再建を余儀なくさせた彼のショットは、言うなれば「シアトルのため」だったのでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS