トピックス

スティーブ・カーHCの見解に、ケンドリック・パーキンス氏が批判「偽善者ぶっている」

今週の『The Warriors Insider Podcast』で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、選手のトレードの要求に関して自身の見解を述べました。

[kanren postid="14048"]

ニューオーリンズ・ペリカンズからロサンゼルス・レイカーズへ移籍したアンソニー・デイビスのトレードの要求を例に挙げ、「チームや都市、ファンのために努力し、プレイしなければならない」と語っています。

しかし、これに反対する人物がいることも事実です。



昨年NBAを引退し、2008年にはボストン・セルティックスでの優勝経験を持つケンドリック・パーキンス氏は、カーHCに見解に対してTwitterで反対の意見をツイートしました。

NBAの組織が何の前触れもなく選手をトレードし、チームのために誰も何も言わずにベストを尽くし、それがビジネスであり個人的なものではないと選手に伝えるが、”スーパースター”の選手が別の方向に進みたい時に、それは大きな問題となる。

このツイートの後、『ESPN』の放送の招かれたパーキンス氏は自身の見解をさらに広げ、カーHCの姿勢を「偽善者ぶっている」と批判しました。

また、パーキンス氏はトレードが、組織と選手の両方にメリットをもたらすと主張しています。

彼は最近行われたラッセル・ウェストブルックとクリス・ポールのトレードを例に挙げ、次のように語りました。

「誰もクリス・ポールを悪く感じることは無かった。クリス・ポールに同情した人は誰も居なかったんだ。誰も選手に同情はしていない。私の意見では、それ(トレード)は双方のために機能する。選手がチームにコミットするのと同様に、チームは選手にコミットするんだよ」

デイビスのトレードの要求についても、パーキンス氏は次のように述べています。

「もしあなたがアンソニー・デイビスのように、ニューオーリンズの街とその組織に素晴らしい7年間を費やし、毎年その組織がどの方向に向かっているのか分からなかったら、どうだろうか。AD(アンソニー・デイビス)は何をすべきか…彼の(キャリア)全てを無駄にするのか?違う。彼が別の方向に進みたくて、チームに身も心も捧げた後、彼がチームにトレードを要求している問題は何だと言うんだ?」

パーキンス氏の見解は、デイビスのようにチームに尽くしたスーパースターが、別の方向に進むことを望んでトレードを要求することの何が悪いのか、ということなのでしょう。

カーHCの意見も、パーキンス氏の意見もどちらも納得できる部分があることから、トレードの要求に対する問題の難しさが分かります。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS