セルティックスを”機能不全”と認め、カイリー・アービングを擁護するマーカス・スマート

出典:nesncom

優勝候補の一角として期待されたボストン・セルティックスにとって、やはり2018-19シーズンは失敗だったと言えるでしょう。

 

チームの一員であるマーカス・スマートは、そのことについて正直に話したいと考えています。

 

『ESPN』の「The Jump」に出演したスマートは、昨季のセルティックスが機能不全であったと認め、それは全員の責任であったことを明かしました。

 

「ありのままに言おう。本当だ。僕たちは機能不全だった。特にアスリートにとって、”望むようにいかなかった”と告白するのは大変なことだね。だけど、鏡に映った自分自身を見て”何をした?”、”何が出来た?”と尋ねなければならない。僕たち全員がそれに関係している。チームを救うためにもっと良いことが出来たかもしれない」



昨季のセルティックスの失敗が、ブルックリン・ネッツへ移籍したカイリー・アービングのせいだと言う人も、少なからず居るでしょう。

 

しかし、スマートアービングのリーダーシップの欠如を否定しました。

 

「個人的に、他の人について語りたくないんだけど、カイリーは素晴らしいチームメイトだったよ。僕は母親を亡くし、全てを失った。カイリーは、真っ先にテキストと電話をくれた人物の一人なんだ。僕がボストンに戻った時、(アービングが)僕を脇に引っ張って、一緒に話をした。バスケットボールに関しては、試合をスローダウンさせたり、把握したり、理解し、僕を助けてくれたね」

「チームメイトとして、彼が大好きだったよ。彼の思い描くリーダーシップを、みんなに見せてほしいと思っていた。彼はそれを持っていたし、やっていた。彼はただ誤解されただけなんだよ

 

今さら、セルティックスの失敗の要因がアービングであるかどうかを気にするのは、無意味なことでしかありません。

 

とはいえ、新天地のネッツで、アービングがどのようなリーダーシップを発揮するかは、やはり気にせずにはいられないでしょう。

 

エネス・カンターがセルティックスに移籍した理由「優勝のために」

2019-07-29

(参考記事:Smart admits Celtics were ‘dysfunctional,’ defends Kyrie’s leadership

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください