トピックス

マーケル・フルツの目覚めを待つアーロン・ゴードン「彼は怪物だ」

2017年のドラフトで全体1位指名されたマーケル・フルツは、2年間でその姿を見失いました。

フィラデルフィア・76ersでは約1年半でわずか35試合の出場に留まり、トレード期限直前にオーランド・マジックへトレードされて以降、コートには立っていません。

まだ21歳と非常に若いかつてのスター候補は、高校や大学時代の輝きを取り戻せるのでしょうか?



チームメイトのアーロン・ゴードンは、フルツがまだ素晴らしい選手であると信じています。

『Sirius XM NBA Radio』に出演したゴードンは、マジックのオフシーズンについて話すと共に、フルツの今後について楽観的な意見を述べました。

「(フルツは)眠っているんだよ。もし目が覚めれば、彼は怪物さ

フルツには、まだマジックの先発ポイントガードとしてプレイする可能性が残されています。

現在の先発であるDJ・オーガスティン、再契約したマイケル・カーター・ウィリアムズとポジションを競うことになりますが、フルツがステップアップするには、そのような競争が必要不可欠でしょう。

今年の夏、マジックがバックコートに新戦力を加えなかったことは、フルツにとってチャンスと捉えるべきです。

一方で、チームの中心選手(ニコラ・ヴュチェビッチ、テレンス・ロス)と再契約したり、ミッドレベル例外条項によってアル・ファルーク・アミヌを獲得しました。

マジックの堅実な補強により、ゴードンは来季に興奮しています。

「僕たちは素晴らしい選手であるアル・ファルークを獲得した。(彼は)もう一人の3&Dだ。粘り強く、よく喋り、長いディフェンダーで、それらが最も素敵だよ。(マジックの)今季は、昨季と何も変わっちゃいないよ」

ゴードンは、再びプレイオフへ進出することを確信しています。

優れたポイントガードが重要視される時代であるだけに、フルツの目が覚めれば、マジックはより多くの勝利を得られるかもしれません。

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS