ドレイモンド・グリーンとの再契約から見えるウォリアーズの偉大さ

出典:sports.yahoo.com

ウェスタン・カンファレンスの情勢は混沌としています。

 

ロサンゼルス・クリッパーズはカワイ・レナードポール・ジョージを獲得し、ロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェームズアンソニー・デイビスのペアリングを完成させ、ユタ・ジャズは堅実な補強で優勝争いに名乗りを挙げ、ヒューストン・ロケッツもジェームス・ハーデンラッセル・ウェストブルックを再会させました。

 

そして今、ゴールデンステート・ウォリアーズはドレイモンド・グリーンと4年9,700万ドルの契約延長に合意したことで、2021-22シーズンまでステフィン・カリークレイ・トンプソングリーンの中核が保証され、そこにディアンジェロ・ラッセルが加わります。

 

ケビン・デュラントがブルックリン・ネッツへ去ったにも拘らず、他のチームが衝撃的な補強を繰り返しているにも拘らず、ウォリアーズは現時点で競争力を維持することを望みました。

 

その意志と、それを可能にした状況こそが、ウォリアーズが歴代屈指の偉大なチームと評される理由なのでしょう。

 



ウェストを制覇してきた過去5年間とは裏腹に、『Oddsmakers』でのウォリアーズの順位はウェスト6位となっています。

 

しかしウォリアーズは優勝を諦めておらず、トンプソンは先週『ESPN』に対し、次のように語りました。

 

「僕は元気になって戻り、より激しく動くだろうから、ウォリアーズの王朝が終わったと言うのはおかしいね。(優勝争いから)ウォリアーズを外すのは賢明ではないよ」

 

トンプソンのコメントは、あながち間違いではありません。

 

ウォリアーズはデュラントが加入する前の2015-16シーズンに、NBA歴代シーズン最多勝となる73勝を記録しました。

 

しかし一方で、当時からチームを支えていたアンドレ・イグダーラショーン・リビングストンらが去り、トンプソンも左ひざ前十字靭帯断裂でシーズンの大半を離脱することになるのも事実です。

 

その結果が『Oddsmakers』のオッズにも参照されているのでしょう。

 

中核は以前ほど若くなく、ロスターは変わり、その他のチームは改善されたことで、ウォリアーズは特別優れたチームでは無くなりました。

 

それでもなお、ウォリアーズには勝利を追求できるフロントオフィスがあります。

 

復帰時期の目標を語ったクレイ・トンプソン「急いではない」

2019-08-04



勝利の欲求の一つとして、新たに14億ドルもかけて開設されるチェイス・センターがあります。

 

ウォリアーズの球団社長であるリック・ウォルツ氏は、既にチケットの売り上げやスポンサーなどで20億ドルの収入が保証されていると語りました。

 

オークランドで成功を収め、35億ドルもの価値へと乗り上がったウォリアーズは、新天地のサンフランシスコでも成功を望んでいます。

 

その全ての収入は、チームが勝利する手助けとなるでしょう。

 

今回のグリーンとの再契約が、特にその例だと言えます。

 

そして先程も言ったように、それはウォリアーズが成功を収めたからこそ出来る動きなのです。

 

2019-20シーズンに優勝できるかどうかは別にしても、大きな変化がある中でも勝利のために手を打ち、それを可能にできたのは、ウォリアーズが歴代屈指の偉大なチームである証拠でしょう。

 

元チームメイトが語る、ディアンジェロ・ラッセルがウォリアーズと契約した理由

2019-07-30

(参考記事:Opinion: Draymond Green deal shows Warriors won’t go away quietly in the West

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください