トピックス

スティーブ・カーHCが語った、ウォリアーズの将来への希望

ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、ウォリアーズが新たな時代に突入するであろうことを理解していますが、それが何を意味するのかは分かっていません。

ケビン・デュラント、アンドレ・イグダーラ、デマーカス・カズンズ、ショーン・リビングストンらが去った今年は、ウォリアーズにとって大荒れの夏でした。

『AP』によれば、今年のFIBAワールドカップのアシスタントコーチも務めるカーHCは、チームUSAのトレーニングキャンプの中で、ウォリアーズのオフシーズンについて語っています。

「今年の夏は多くの痛みを伴い、貢献してきた選手を失った。しかし、我々が次の時代に進む助けとなるキーマンの何人かと再契約できたという意味では、安心感があるよ」

[kanren postid="14196"]



オフシーズンでウォリアーズは、クレイ・トンプソンと5年1億9,000万ドルの再契約を結んだだけでなく、来夏にフリーエージェントになる予定だったドレイモンド・グリーンとも契約延長を結びました。

カーHCはグリーンに新たな契約を提示することについて、ゼネラルマネージャーのボブ・マイヤーズ氏と長い間話し合ってきたため、この時点でグリーンと契約を結んだことに驚いていないと語っています。

「全ての選手が、このような決断しなければならない瞬間に直面していると思う。”リスクを和らげて今すぐサインするか、それとも(フリーエージェントになって)挑戦してみるか?”ということだよ。それは選手次第さ。当然、誰もが違ったやり方で進んでいく。だけど、ドレイモンドがサインしたことは驚くことじゃなかったね。彼はここに居ることを望んでいた。ずっとそれについて話していたんだ」

これにより、ウォリアーズはもうしばらくステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、グリーンの中核を維持することができます。

そしてここに、新たな目玉となるディアンジェロ・ラッセルも加わります。

カーHCは、トンプソンが左ひざ前十字靭帯断裂でシーズンの大半を離脱している間、チームのスコアリングの一部を担うことになるラッセルについて、彼をコーチングすることが待ちきれないと語りました。

「彼は素晴らしく若い才能の持ち主で、我々のグループにもフィットすると思う。彼が本当に必要だよ。特にクレイが居なければ、ディアンジェロのスコアリングは必要だし、彼をどのように起用するのが最善であるかは、スタッフの我々次第だ」

ウォリアーズは既に優勝の本命では無くなり、一部のオッズメーカーではロサンゼルス・クリッパーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ヒューストン・ロケッツ、ユタ・ジャズに次いで、ウェストの5位と予想されています。

カーHCは、次のように語りました。

正直に言えば、再び本命になりたいね。それでも、私はコーチングが好きだよ。毎年少しずつ変化することで、それは大きな違いとなる。だけど私は、戻ってくる選手や、多くの若い選手たちをコーチングすることにワクワクしているんだ。新しい挑戦であり、それが楽しみだよ」

ウォリアーズは、まだ将来の希望を失っていないようです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS