マイケル・ジョーダンより、ジェームス・ハーデンの方が優れたスコアラーだと自信を持てる理由

ヒューストン・ロケッツのゼネラルマネージャーであるダリル・モーリー氏は、物議を醸す意見と、大胆な発言をすることで知られています。

例えば、1990年代にシカゴ・ブルズのエースとして2度の3連覇を経験したマイケル・ジョーダンよりも、今のロケッツのエースであるジェームス・ハーデンの方が優れたスコアラーだと言った場合、あなたはどんな反応をするでしょうか?

多くの人が、それを信じるとは思えません。

しかしモーリー氏は、ジョーダンよりもハーデンの方が優れていると、心の底から信じているのです。



先日、『Selfmade with Nadeshot』に出演したモーリー氏はインタビューを受け、ハーデンを含む様々な議題について話しました。

その中でモーリー氏は、長い間ハーデンの支持者であり、データ上ではジョーダンよりもハーデンの方が、優れたスコアラーであると言及しています。

「ジェームス・ハーデンが、マイケル・ジョーダンよりも良いスコアラーであるのは事実だ。ジェームス・ハーデンにボールを渡し、その前に君たちは何点取れるのかな?これがオフェンスの計測方法であり、ジェームス・ハーデンがNBAの歴史の中で、ナンバーワンなんだ。彼はオクラホマシティ・サンダーでもナンバーワンだったんだよ。そこでは少し隠されていたけどね。だから、それを解明するために、良いデータが必要だった。彼がスコアラーとしての素晴らしいスキルを備えていることは分かっていたよ」

「現時点で反論があるのは、当たり前だ。もしマイケル・ジョーダンをチームに入れるなら、みんなはジェームス・ハーデン以上のことをするだろうと言う。それはあり得るよ。ただ、NBAの歴史だけで言えば、この男(ハーデン)にボールを渡した時、他のチームがボールを持つまでに、この男は何点取るだろうか?」

数字の面白いところは、扱い方さえ知っていれば、どんな議論でも可能にできるというところです。

モーリー氏のスコアリングの計測方法を用いれば、確かにハーデンがナンバーワンになるかもしれません。

しかし、だからといってジョーダンよりハーデンの方が、優れたスコアラーであると言い切れるのでしょうか?

答えはもちろん「ノー」ですが、特定の数字だけに着目してしまえば、自信を持ってハーデンの方が優れたスコアラーだと言い切れてしまうのです。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。