トピックス

ロンゾ・ボールが父ラバーに対し「ブランドは壊滅的」

ニューオリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールの父であるラバー・ボール氏は、ビッグ・ボーラー・ブランドでビジネスを成功させようとしていますが、その試みは悪い方向へ流れています。

先日は、ラバー氏とビッグ・ボーラー・ブランドを設立したアラン・フォスター氏が、ロンゾの口座から数百万ドルを横領したことで、息子は公にブランドから離れました。

しかし、同社のウェブサイトは閉鎖されており、クリアランスセールや、海外でのキャンプも中止になっている状況にも拘らず、ラバー氏はビッグ・ボーラー・ブランドの復活を信じているようです。



そんな中、Facebookで行われているシリーズの『Ball in the Family』の予告で、ロンゾがラバー氏に対し、ビッグ・ボーラー・ブランドが”壊滅的である”と反抗的な姿勢を見せた場面がありました。

そのやり取りの一部始終は、次のようになっています。

ロンゾ:「ブランドは今や壊滅的だ。」

ラバー:「ブランドが壊滅的だというのは、君が感じていることだろう」

ロンゾ:「みんなが感じていることだ」

ラバー:「みんなとは誰のことなんだ?」

ロンゾ:「世界だよ」

ラバー:「ブランドはまだ壊滅的ではないね」

ロンゾ:「そうかい、分かったよ」

https://www.facebook.com/ballinthefamily/videos/2094882384150767/

このようなやり取りによって、何らかの相互作用が働くことは期待できるでしょう。

しかし一方で、父ラバー氏と、息子ロンゾの間には、本当に亀裂が生まれつつあるのかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS