考察

デマーカス・カズンズの穴を埋めるのは誰?

彼は僕たちがやろうとしていることの、大半を占めるはずだった

ラスベガスで行われていたオフシーズンのトレーニング中、ロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマは、チームメイトのデマーカス・カズンズの左ひざ前十字靭帯断裂を受けて、そのように語りました。

つまり想定外の出来事が、レイカーズのプランを大きく狂わせる可能性があるということです。

カズンズが2019-20シーズンをほぼ全休することになるのは確実ですが、それでは誰が彼の穴を埋めるのでしょうか?

以前、デイビスがその穴を埋めることになるだろうと言いましたが、そもそも彼はセンターでプレイすることを望んでいません。

では、もう一つの選択肢――センターの選手を獲得するという手段について考えてみましょう。

[kanren postid="14436"]

ただその前に伝えなければならないのは、今残っているフリーエージェントの中に、カズンズほどの生産性を備えた選手は居ないということです。

それから、レイカーズは既にキャップスペースに空きが無いため、ミニマム契約しか提示できません。

それらを踏まえた上で最初に憶測が飛び交ったのは、ジョアキム・ノアでした。

彼は昨季ニューヨーク・ニックスからメンフィス・グリズリーズへ移籍した後、1試合あたり平均7.1得点、FG成功率 51.6%と堅実な結果を残しました。

同時にノアは元最優秀守備選手賞の受賞者で、優れたパサーでもあり、賢い選手でもあります。

また、彼は経験豊富なベテランでもあるため、レブロン・ジェームズとも気が合うかもしれません。

他の選択肢としては、37歳のネネや、35歳のマーチン・ゴータットが居ますが、彼らはここ数年間で年齢による衰えが顕著に表れています。

しかし、もしレイカーズが迅速にカズンズの穴を埋めたいと考えているなら、彼らを獲得するのも一つの手となるでしょう。

あるいはレイカーズがピックアンドロールを多用したいのであれば、昨季までダラス・マーベリックスに所属していたサラ・メジリを検討するのもいいかもしれません。

より先を見据えるなら、29歳のケネス・ファリードはどうでしょうか?

ファリードは昨季1月中旬にヒューストン・ロケッツへ加入した後、25試合で平均12.9得点、FG成功率 58.7%を記録しました。

クリント・カペラ復帰後はローテーションから外され、ディフェンス面ではあまり評価されていませんが、それでも得点でチームに貢献することができます。

もっと大きな賭けに出てみるのであれば、ドワイト・ハワードに焦点を当ててみるのもいいかもしれません。

レイカーズファンにとってはあまり良い記憶ではないことや、彼が昨季ワシントン・ウィザーズでわずか9試合の出場に留まったのは懸念材料です。

しかし、ハワードを限定的な役割で起用するのであれば、健康体を維持している限り、レイカーズの戦力となるでしょう。

トレードに目を向けてみると、どうでしょうか?

オクラホマシティ・サンダーのナーレンズ・ノエルや、デトロイト・ピストンズのクリスチャン・ウッドは、トレードを検討できる可能性があります。

ただし、レイカーズはトレードのために放出できる資産があまり多くないということを、忘れてはいけません。



結論付けると、レイカーズの選択肢に、”明らかに良いもの”は無いでしょう。

カズンズを失ったからといって、レイカーズを優勝候補から外すわけではありませんが、クーズマのコメントが真実であるならば、レイカーズはセンターに何らかのテコ入れをする必要があります。

残り一つのロスターの空きをどう利用するのか――レイカーズのフロントの仕事はまだ続きそうです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-, ,

© 2021 NBA TOPICS