約13年ぶりの敗戦から切り替えたアメリカ代表が、カナダ代表に快勝「このグループに限界は無い」

出典:usab.com

土曜日、5万2,000人もの観衆が詰めかけたメルボルンでのエキシビションゲームで、アメリカ代表はオーストラリア代表に94-98で敗れました。

 

約13年ぶりの敗戦であり、国際試合の連勝記録が78で途絶えたことを意味します。

 

しかし、月曜日に同じ会場で行われたカナダ代表とのエキシビションゲームでは、敗戦から気持ちを切り替え、アメリカ代表が84-68でカナダ代表を下しました。

 



アメリカ代表はジェイレン・ブラウンがチーム最多の19得点、ドノバン・ミッチェルが12得点、4アシスト、ケンバ・ウォーカーが12得点、マイルズ・ターナーが10得点、15リバウンドを記録しています。

 

試合後、ブラウンは次のように語りました。

 

「僕たちは学習曲線を短縮させなければいけない。成長の余地は十分にある。一緒に居れば良いことは起き、このグループに限界は無いよ」

 

アメリカ代表は第1クォーターから堅実な守りで20-9とリードし、第2クォーターは一時5点差まで詰められる場面はあったものの、最終的に46-31で前半を終え、勝利を確実なものとしました。

 

カナダ代表は、カイル・ウィルチャーが最多の21得点、チーム唯一のNBA選手であるケム・バーチが13得点、6リバウンドを記録しています。

 

ウィルチャーは試合後、アメリカ代表とのエキシビションゲームを次のように振り返りました。

 

「僕たちにはやるべきことがたくさんあるけど、ここでの時間を楽しんできたよ。これが練習試合であることを忘れないようにしよう」

 

フィールドゴール成功率が35%、スリーポイントシュート成功率が26%に抑えられたことは、カナダ代表の敗因の一つとして挙げられるでしょう。



カナダ代表もアメリカ代表と同様に、NBA選手の相次ぐ辞退に打撃を受けています。

 

とはいえウィルチャーが言ったように、これは練習の一環であり、時間は短いですが、カナダ代表が改善することもできます。

 

間もなく行われる2019 FIBAワールドカップに向け、両チームが最後のエキシビションゲームから何を学べたかが鍵となるでしょう。

 

カイル・クーズマの代表離脱にグレッグ・ポポヴィッチHCは「彼が恋しい」

2019-08-26

アメリカ代表の連勝途切れる大番狂わせ「素晴らしい教訓を与えてくれた」

2019-08-24

(参考記事:Order restored: US beats Canada in pre-World Cup basketball

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください