トピックス

レイカーズに長年務めたトレーナーが語る、コービー・ブライアントは「最も才能のある男ではない」

シーズンMVPに輝き、15回のオールNBAに選出され、18回のオールスターゲームに出場するためには、歴代最高クラスの才能が必要でしょうか?

ロサンゼルス・レイカーズのレジェンドであるコービー・ブライアントは、まさにそれを成し遂げた選手です。

しかし、レイカーズで長年の間トレーナーを務め、数年前に身を引いたゲイリー・ヴィッティ氏は、これらの実績を達成するために、それほど偉大な才能が必要とは考えていません。



『CNBC』のエリザベス・グラビエ氏によれば、自叙伝を発表する予定があるヴィッティ氏は、コービーの才能について次のように語りました。

「彼は才能があったが、最も才能のある男ではないと言ったらどうだろうか?いいか、私は全てを経験している。そしてコービーに本当に特別なものは何も無いんだ。何と言うか、彼は大きな男だったけど、それほど大きな男ではなかった。彼は機敏だったが、それほど機敏ではなかった。速かったけど、それほど速くもなかった。パワフルだったけど、それほどパワフルでもなかった。つまり、彼よりも才能のある選手が、他にも居たんだよ。才能のある選手がチャンピオンリングを持たず、彼が5つ持っていたからといって、それが何だと言うんだ?」

「彼は自分の辞書にある”出来ない”とか”やらない”という言葉に打たれ強く、ただ出来ると信じていた。コービーは、才能が人生で最も過大評価されていることであり、自分の才能で何をするのか教えてくれたんだ」

ヴィッティ氏の言葉は、非常に深いものでしょう。

何を以て”才能”と呼べるのか――人々は、チャンピオンリングの個数や、スタッツの良し悪しで才能を判断しがちです。

コービーよりもリングの数が少なければ、才能が無いのでしょうか?

コービーよりも特別なものがあれば、才能があるのでしょうか?

もちろんコービーにも才能があったことは確かですが、ヴィッティ氏が語っていたように「出来ると信じる」ことの方が大切なようにも感じます。

少なくともコービーは、才能以上の何かで成功を収めてきたはずです。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS