トピックス

ジミー・バトラーの移籍にブーイングを促すマイク・スコット

いくらかの報道によれば、フィラデルフィア・76ersはジミー・バトラーと再契約するために手を尽くしていました。

しかし、結局バトラーはマイアミ・ヒートへの移籍し、代わりに76ersはジョシュ・リチャードソンや、アル・ホーフォードを獲得するためのキャップスペースを確保しています。

76ersのファンは、バトラーの意思決定をどう感じるでしょうか?



今年の夏、76ersと再契約を結んだマイク・スコットには、明確な答えがあるようです。

『CBS Sports』のザック・ゲルブ氏は、次のように伝えました。

シクサーズのマイク・スコットは、ジミー・バトラーが仲間であり、カントリーミュージックをやっていること以外は似ていると言うものの、シクサーズがヒートと対戦する時、おそらく彼はジミーを非難するだろう。クは、フィリー(76ers)のファンが、ジミーへ散々ブーイングをした方が良いと言う。

きっと、スコットはこの状況を楽しんでいるのでしょう。

彼はバトラーの人間性に嫌悪感を抱いているのではなく、移籍を繰り返すスターであるバトラーのキャラクター性を非難したがっています。

昨季、バトラーは76ersの助けとなったかもしれませんが、スコットにとっては感謝を述べるほどのことではありません。

76ersのファンもそれに同調し、ホームではバトラーにブーイングを浴びせる可能性があります。

そして、バトラーはその反応を気に入り、別のドラマが生まれることになるでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS