ジミー・バトラーの移籍にブーイングを促すマイク・スコット

出典:flipboard.com

いくらかの報道によれば、フィラデルフィア・76ersはジミー・バトラーと再契約するために手を尽くしていました。

 

しかし、結局バトラーはマイアミ・ヒートへの移籍し、代わりに76ersはジョシュ・リチャードソンや、アル・ホーフォードを獲得するためのキャップスペースを確保しています。

 

76ersのファンは、バトラーの意思決定をどう感じるでしょうか?



今年の夏、76ersと再契約を結んだマイク・スコットには、明確な答えがあるようです。

 

『CBS Sports』のザック・ゲルブ氏は、次のように伝えました。

 

シクサーズのマイク・スコットは、ジミー・バトラーが仲間であり、カントリーミュージックをやっていること以外は似ていると言うものの、シクサーズがヒートと対戦する時、おそらく彼はジミーを非難するだろう。クは、フィリー(76ers)のファンが、ジミーへ散々ブーイングをした方が良いと言う。

 

きっと、スコットはこの状況を楽しんでいるのでしょう。

 

彼はバトラーの人間性に嫌悪感を抱いているのではなく、移籍を繰り返すスターであるバトラーのキャラクター性を非難したがっています。

 

昨季、バトラーは76ersの助けとなったかもしれませんが、スコットにとっては感謝を述べるほどのことではありません。

 

76ersのファンもそれに同調し、ホームではバトラーにブーイングを浴びせる可能性があります。

 

そして、バトラーはその反応を気に入り、別のドラマが生まれることになるでしょう。

 

ジミー・バトラーの移籍に影響を与えたドウェイン・ウェイドの言葉

2019-07-22

(参考記事:Mike Scott urges 76ers fans to boo the s— out of Jimmy Butler: ‘I’m going to boo with y’all’

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください