トピックス

エネス・カンターが語る、ニックスにフリーエージェントが来ない理由

ニューヨーク・ニックスは昨季にクリスタプス・ポルジンギスを放出し、極めて多くのキャップスペースを確保したにも関わらず、この夏に目当てのフリーエージェントを獲得することが出来ませんでした。

その理由は、何でしょうか?

元ニックスのビッグマンであるエネス・カンター(現ボストン・セルティックス)は、『Bleacher Report』の「The Full 48」のポッドキャストに出演した際、その原因がオーナーのジェームズ・ドーラン氏にあると語っています。

「多くの人はそれを知らないけど、選手は話しているよ。誰が悪いとかじゃない。僕はニックスと素晴らしい時間を過ごしたんだ。でも、僕が話した他のチームメイトは常に、”素晴らしい街で、MSG(マディソン・スクエア・ガーデン)は最高だけど、オーナーがね…”って言うんだ。彼らはとにかく、”だけどオーナーがね…”って言い続けるだろうね。僕が思うに、そこに来るのが怖くて、関わりたくない選手もいるんじゃないかな」



カンターは約1年半ほどニックスでプレイした後、2月にチームから解雇され、その後はポートランド・トレイルブレイザーズでシーズンを終えました。

カンターは、自身がニックスから離れられたことは嬉しく思っているものの、その理由については納得いっていないようです。

ニックスはカンターの地位が降格した理由を、若手選手の働きの結果だと説明したにも関わらず、トレードで獲得したのは、当時26歳のカンターよりも4歳年上のディアンドレ・ジョーダンでした。

カンターは、こう語ります。

「全てのファンが、試合を観るために多くのお金を払っているんだから、僕の仕事はコートに出て、ハードにプレイすることだ。特にガーデンなんだからね。たとえ負けても、全てが詰め込まれているんだ。僕に問題があったとすれば、勝ちたかったということかな。意味が分からなかったのは、僕が歳を取っていたからプレイできないと言われたことだ。僕は26歳だったから、”意味が分からない”と思っていたよ」

「それから、彼らは4~5歳年上の選手を連れてきて、彼を先発にするんだから、僕は”意味が分からない”という感じになるさ」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS