NBAがヘッドバンドの”忍者スタイル”を禁止に

出典:si.com

NBAは、進歩的かつダイナミックなコート上のスタイルで、長い間多くの称賛を得てきました。

 

しかしここに、新たな一つの禁止事項が加わります。

 

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏によれば、NBAのチーフ・コミュニケーション・オフィサーであるマイク・バス氏は、昨季のリーグで認められていた”忍者スタイル”のヘッドバンドの着用を認めないことを明らかにしました。



バス氏は、このタイミングで禁止となった理由について、次のように語っています。

 

「チームが、サイズと長さにおける、安全性と一貫性の懸念を提起したんだ。昨季、何人かの選手がそれを着用した時は、シーズン途中に介入して混乱を引き起こしたくなかった」

 

この決定について、デトロイト・ピストンズのブレイク・グリフィンはツイッターで、こうツイートしました。

 

NBAの誰かが今日の仕事として、”忍者スタイルのハードウェア”と”サイズと長さの一貫性”という言葉を発する必要があった。

 

なお、昨季に”忍者スタイル”の ヘッドバンドを着用していた選手は、マイク・スコット(フィラデルフィア・76ers)、ドリュー・ホリデー(ニューオリンズ・ペリカンズ)、ディアロン・フォックス(サクラメント・キングス)、ジミー・バトラー(マイアミ・ヒート)らが居ます。

 

(参考記事:NBA banning ‘ninja-style’ headbands

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください