リポート

NBAがヘッドバンドの”忍者スタイル”を禁止に

NBAは、進歩的かつダイナミックなコート上のスタイルで、長い間多くの称賛を得てきました。

しかしここに、新たな一つの禁止事項が加わります。

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏によれば、NBAのチーフ・コミュニケーション・オフィサーであるマイク・バス氏は、昨季のリーグで認められていた”忍者スタイル”のヘッドバンドの着用を認めないことを明らかにしました。



バス氏は、このタイミングで禁止となった理由について、次のように語っています。

「チームが、サイズと長さにおける、安全性と一貫性の懸念を提起したんだ。昨季、何人かの選手がそれを着用した時は、シーズン途中に介入して混乱を引き起こしたくなかった」

この決定について、デトロイト・ピストンズのブレイク・グリフィンはツイッターで、こうツイートしました。

NBAの誰かが今日の仕事として、”忍者スタイルのハードウェア”と”サイズと長さの一貫性”という言葉を発する必要があった。

なお、昨季に”忍者スタイル”の ヘッドバンドを着用していた選手は、マイク・スコット(フィラデルフィア・76ers)、ドリュー・ホリデー(ニューオリンズ・ペリカンズ)、ディアロン・フォックス(サクラメント・キングス)、ジミー・バトラー(マイアミ・ヒート)らが居ます。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート

© 2021 NBA TOPICS