トピックス

ケビン・デュラントが古巣へ痛烈な言葉「二度とその街には居られない」

今夏にブルックリン・ネッツへ移籍したケビン・デュラントは、かつて最初のキャリアの8年間をオクラホマシティ・サンダーで過ごし、その場所を常に自分の家のように感じていました。

しかし、デュラントがゴールデンステイト・ウォリアーズへ移籍し、2度のファイナルMVPに輝いた後、彼の考えは正反対の方向へと傾いたようです。

関連記事
契約後、初めて新たなチームメイトについて語ったケビン・デュラント

続きを見る



今週発刊された『Wall Street Journal』のJR・モエイリンガー氏とのインタビューで、デュラントは3年前に移籍を決断した後、サンダーファンの態度が大きく変わったことで、彼らへの認識を改めたと語りました。

「人々が僕の家に来て、近所の看板とかにペイントスプレーを吹きかけるんだよ。家の前でビデオ撮影をし、ジャージーを燃やし、あらゆる種類のクレイジーな名前で呼んでくるんだ」

ファンだけではありませんでした。

デュラントは、組織にも行動を”偽物だ”と言われたことを明かしています。

彼は移籍以降、サンダーのフロントオフィスの誰とも、ポジティブな関係を築いていません。

そしてデュラントは、こう言い放ちました。

「そういった理由があるから、僕は二度とその街には居られない。最終的にその街に戻り、コミュニティや組織の一員となりたかったんだけど、もう誰も信用していないよ。僕が去って以来、組織やGM、素晴らしい交流があった人たちとさえ、誰とも話をしていないんだ」

レブロン・ジェームズが初めてクリーブランド・キャバリアーズを去った時、ファンは今のデュラントと同様の反応を示しましたが、彼は再びその地に戻り、フランチャイズに初の優勝をもたらしました。

しかしデュラントは、サンダーで同じようなことをするつもりは一切ありません。

デュラントとレブロンは同じ人間ではないため、決断が異なるのは当然とも言えます。

『Larry Brown Sports』のグレイ・パプケ氏によれば、デュラントの母であるワンダ・デュラントさんも、サンダーファンから最悪な扱いを受けたことを明かしました。

デュラントが2014年にMVPを受賞した際のスピーチでも知られているように、彼は非常に母親思いの人間であるため、それも含め、オクラホマシティに「二度と居られない」と言ったのでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS