トピックス

東京オリンピック出場を望むドノバン・ミッチェル

2019 FIBAワールドカップの日程を終えたアメリカ代表のドノバン・ミッチェルは、次なる国際大会――東京オリンピックへ既に目を向けています。

『AP』によれば、ミッチェルはワールドカップの経験を大切にし、国際大会の舞台を楽しんだと語りました。

「僕にとっては素晴らしい経験さ。誰もが最終的なゴールを好むけど、改めて考えると、僕はチームUSAでプレイしたんだ。それ自体が素晴らしいことだと思う。だから、間違いなく価値があることだったね」



アメリカ代表のマネージングディレクターであるジェリー・コランジェロ氏は、多くの選手が出場を辞退する中で、それでも出場を希望したミッチェルを高く評価していました。

アメリカのスーパースターが出場するかどうかの有無は、ミッチェルにとって関係ありません。

そして23歳のミッチェルは、ユタ・ジャズでキャリア3年目の準備を進めると共に、来年の東京オリンピックでも国を代表する考えについて、こうコメントしました。

「彼らが尋ねてくるのを待つ必要がある。でも、僕はそこに居たいね」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS