スティーブン・アダムス:「僕をトレードしても、ただ光栄なだけ」

出典:heavy.com

オクラホマシティ・サンダーからラッセル・ウェストブルックも、ポール・ジョージも去った今、ビッグマンのスティーブン・アダムスも、トレードで放出されるかもしれないという憶測があります。

 

『NZ Herald』によれば、アダムスはこの噂について、自身に影響を与えたことを明かしました。

 

「人間だから、何かしらの形で影響はある。もちろん、僕はここの組織を気にかけているけど、組織をサポートするためにもここに居るから、組織はうまくやる必要があるし、それを念頭に置いておく必要があるね」

 

アダムスはサンダーでプレイすることを光栄に感じていますが、仮にトレードされることになっても、彼はそれを受け入れる準備はできています。

 

「僕たちは、力になるためだけにここに居る。オクラホマが創ろうとしている歴史に関わることができれば、光栄だね。たとえ彼らが僕をトレードしても、ただ光栄なだけだよ」

「ここでプレイしてきた全ての選手にとって、オクラホマの歴史に貢献できたことは非常に名誉あることだ。とても特別な組織で、うまくいっているよ」



ただ、現実的に考えると、アダムスのトレードは非常に難しいでしょう。

 

最大の問題はアダムスの契約で、彼は残り2年間で5,300万ドルものサラリーを背負っています。

 

もし、サンダーがアダムスを放出することで、サラリーの抑制を本気で考えているのであれば、困難であることは間違いありません。

 

『Heavy.com』によれば、あるリーグのエグゼクティブの一人は、アダムスの契約について次のように語りました。

 

「彼らは(アダムスの)価格を高くしすぎた。彼の契約を引き受け、指名権と選手を放出するのは難しい。今、ほとんどのチームが良い状態にあり、ビッグマンから、スモールラインナップまで揃えている。そのため、彼を獲得できるチームはそれほど多くない」

 

クリス・ポールのトレードも含め、サンダーの将来設計は険しい道が続くようです。

 

サンダーGM、クリス・ポールのトレードについて「仮説に目を向けてはいない」

2019-09-27

(参考記事:NBA: Kiwi star Steven Adams admits talk of being traded has impacted him ahead of new season

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください