トピックス

ショットを改善するために、ヤニス・アデトクンボが教えを受ける選手とは…

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは昨季のMVPですが、どんなMVPでもパーフェクトな選手は存在しないでしょう。

アデトクンボの場合は、特にジャンプショットが致命的な弱点です。

アデトクンボは昨季、ジャンプショットの成功率で30.2%を記録し、これは最低でも300本以上のジャンプショットを放った148選手の中で、最低の数字でもありました。



このオフシーズン、アデトクンボはより良いシューターになるために、ある一人のチームメイトに教えを受けています。

それが、今年の夏にバックスと契約した、ベテランガードのカイル・コーバーです。

『ESPN』のエリック・ウッドヤード氏によれば、トレーニングキャンプの初日の後、アデトクンボはコーバーについて次のように語りました。

「僕は常に、少しでも彼と話そうとしていて、それはとても重要なことなんだ。彼は素晴らしい男だよ。彼が僕に助言をくれるたびに、僕はいつも耳を傾けている。彼は間違いなく、このチームの力になるけど、多くの選手がシューティング能力を向上させる力にもなるだろうね」

バックスの指揮官であるマイク・ブーデンホルザーHCも、コーバーの重要性について語っています。

「彼のプロフェッショナリズムや、仕事倫理、細部への気遣いは、コーチの私も含めて、全員の力となるだろうね。彼は私をより良いコーチにしてくれる。彼を我々のチームに加えるのは、この夏の大きな補強だったよ」

5ヶ月前、38歳のコーバーは、在籍するユタ・ジャズがプレイオフで敗れた後、現役を続けられるのか確信を持てませんでした。

しかし今となっては、コーバーはまだチームのために貢献できると信じています。

コーバーは次のように語りました。

「昨季は最終的に負けて、自分のやりたいようにプレイができなかったから、同じようなことを繰り返したくなかった。でも、今でもコートに立ちたい。競いたいし、何かしら貢献できると感じているんだ。可能な限り、続けていきたいね」

コーバーはキャリア通算3ポイントシュート成功率で42.9%を記録しているほか、キャリア通算3ポイントシュート成功数でも2,351本で歴代4位にランクインしている名シューターの一人です。



アデトクンボとプレイすること、ブーデンホルザーHCの下でプレイすること、優勝のためにバックスでプレイすること――それらは全て、コーバーの移籍に重要な要素でした。

「僕にとってエキサイティングだった。チームの力となる役割を担えるさ」

既に、コーバーはアデトクンボに、とんでもない力を与えているかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS