健康的なオフシーズンを過ごし、キャリア9年目を迎えるブランドン・ナイト

出典:kingjamesgospel.com

クリーブランド・キャバリアーズのガードであるブランドン・ナイトは、2011-12シーズンに平均12.8得点、3.8アシストを記録し、オールルーキー1stチームにも選出された選手ですが、2013-14シーズン以降は怪我に苦しめられ、ほとんどのシーズンで60試合以上をプレイすることができませんでした。

 

しかし、27歳のナイトは『Cleveland.com』のクリス・フェダー氏とのインタビューで、負傷から立ち直ろうとしていることを語っています。

 

「ありのままでいようとしている。僕は自分の体に、多くの時間を費やしたんだ」



いつぶりのことか、ナイトは健康的なオフシーズンを過ごしています。

 

つまりそれは、怪我に対するリハビリを必要としないため、彼は自分自身のプレイに集中できることを意味します。

 

ナイトは、自身の体をケアするために、最高級の機器を購入したことも明かしました。

 

プレイ面では、リムへのフィニッシュや、プルアップジャンパーをひたすら繰り返し練習しています。

 

ナイトは、自身が負傷前の状態に戻っていると語りました。

 

「その状態にある気がする。もしくは、それより少し良いかな。シーズンを通してそれを維持し、自分の体のために正しいことを専念しようとし続けるだけだよ」

 

ナイトはキャリア初期の段階で、いくつかのことが当たり前だと考えていたようです。

 

例えば、82試合に出場できるのは当然だと考えていたため、彼はストレッチの重要性を理解していませんでした。

 

タフな82試合を乗り切るために必要な体のケアを怠った結果、ナイトは試合に全力で取り組みこそすれ、体は消耗し、最終的に怪我を招きました。

 

今となっては、それがナイトにとっての教訓となっています。



ナイトのリーダーシップは、キャバリアーズが重視する役割の一つです。

 

昨季の途中にヒューストン・ロケッツからキャバリアーズへトレードされた後、ナイトはメンターとして新人ガードのコリン・セクストンを支えていました。

 

キャバリアーズは、今年のドラフトでガードのダリアス・ガーランドを指名したため、ナイトには同様の働きが期待されるでしょう。

 

キャバリアーズの新たな指揮官であるジョン・ベイレインHCは、ナイトについて次のように語りました。

 

「ブランドンは、最初に会ったときから印象的だった。彼の試合へのアプローチに関してはプロだね。毎回ストレッチをしている。いつも早くやって来る。そして遅くまで残っている。そして非常に静かなリーダーだ。彼のことをとても気に入っているよ。私は彼をコーチングするのが楽しみだ」

 

ナイトのアプローチが若手選手の手本となり、同時に2019-20シーズンが彼にとって再出発のシーズンとなることを期待しましょう。

 

(参考記事:Brandon Knight, after his first healthy summer in years, is turning heads at Cavaliers training camp

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください