トピックス

アル・ホーフォード「自分がルーキーのように感じる」

あるチームから別のチームに移籍する時、新しいチームが早い段階から実行していることを把握するのは、少し難しい場合があります。

用語であったり、チームが攻守でどういった作戦を気に入っているのか、理解しなければなりません。



このオフシーズン、ボストン・セルティックスからフィラデルフィア・76ersへ移籍したベテランセンターのアル・ホーフォードは、その難しさに直面した選手の一人です。

『Sixers Wire』のケイ・カーリン氏によれば、ホーフォードは76ersでの新たな調整について、次のように語りました。

「確実に難しい。ここでの主義や、行うことの多くは違うことだね。僕たちが何をしようとしているのか、どうやってそれを実行するのか、コーチやアシスタントコーチは僕が理解できるように助けてくれたよ」

トレーニングキャンプ全体で、ホーフォードはジョエル・エンビードと互いに慣れるために時間を費やしていますが、ホーフォードほどのベテラン選手であっても、新たな用語を覚え、同時に調整することは困難なようです。

「まだ取り組んでいるんだ。まだ一員になれていない。時々、自分がルーキーのように感じるよ。言葉、カバレッジ、かけ声、ピック&ロールをどう守りたいか、どうセットオフェンスに持ち込みたいか、これらは僕の中で時間がかかっているものだね」

5度のオールスター出場経験を誇るホーフォードは、アトランタ・ホークス、セルティックスでプレイをしてきたため、76ersでプレイするのは3チーム目となります。

適応にはもうしばらく時間がかかるかもしれませんが、それでも彼ほどの選手であれば、一般的な選手よりも早く理解できるかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS