リポート

カイル・ラウリーが1年3,100万ドルの契約延長へ

トロント・ラプターズとカイル・ラウリーの物語は、少なくとも2021年まで続くようです。

33歳のラウリーは、2019-20シーズンが契約の最終年となっていましたが、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏は、ラプターズとラウリーが1年3,100万ドルの契約延長で合意したことを伝えました。



2021年の夏は、レブロン・ジェームズやカワイ・レナード、ヤニス・アデトクンボをはじめとした、数々のスター選手がフリーエージェントになる年でもあるため、1年間の契約延長はラプターズにとって、キャップの柔軟性をもたらすでしょう。

キャリア14年目を迎えるラウリーは、ラプターズでは8年目を迎えることになり、現在のロスターで最もチームに長く在籍している選手です。

その他、ラウリーは過去5年連続でオールスター選出を果たしており、昨季は1試合あたり平均14.2得点、8.7アシストを記録し、中心選手としてフランチャイズ史上初のNBAチャンピオンに貢献しました。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS