トピックス

NBAの厳しさに立ち向かうイグナス・ブラズデイキス「準備ができていると強く感じる」

ニューヨーク・ニックスの新人であるイグナス・ブラズデイキスは、2巡目指名であるにも関わらず、サマーリーグでは予想を覆す活躍を残しました。

30得点を挙げた試合を含む、平均15.4得点、フィールドゴール成功率51.4%を記録したことで、ニックスが全体3位で指名し期待されているRJ・バレットよりも、効率的なスコアラーであると思われたかもしれません。

しかし、7月のサマーリーグと、10月のNBAは、やはり異なります。

ブラズデイキスは、ニックスのプレシーズン初戦で出場機会が無かった後、2戦目のワシントン・ウィザーズ戦で6分40秒間の出場機会を得ましたが、2本のフィールドゴールをどちらも外して終えることになりました。



それでも『New York Post』のマーク・バーマン氏によれば、ニックスのデイビッド・フィズデイル・ヘッドコーチは、ブラズデイキスがサマーリーグほどの活躍を残せずとも、問題ないと語っています。

「彼は2巡目指名で、19歳だ(実際は20歳)。間違いなく成長中の選手だが、彼にとって重要なのはプレイする時間さ。しこりを取りながら、道を見つけていくことになるだろうね」

ブラズデイキスはその”しこり”を、Gリーグのウェストチェスター・ニックスで取り除くことになるのかもしれません。

それでもブラズデイキスはプレシーズンデビューを終えた後、準備できているように感じると自信を持って語りました。

「プレイしていると本当に気持ちいい。僕は準備ができていると強く感じるよ。自分の役割や、試合に影響を与える方法を見つけることが、最大の調整だと思う」

彼は決して主要なスコアラーになりたいわけではないのです。

「僕はポゼッションを最大限に生かそうとしているだけさ。ディフレクションをしたり、リバウンドを取ったり、パスを出したり、カットをして、いつもやっているプレイを試合でやるだけなんだ。」

また、彼はニックスのプレシーズン初戦で出場できなかったことについて、ガッカリするようなことはありません。

ブラズデイキスにとって最も重要なのは、チームが勝利することです。

「コートに立っていないことについては、心配していない。僕はチームが勝つことを望んでいるんだ。プレイしていなくても、準備はできているよ」



ブラズデイキスは、ただの2巡目指名の選手ではありません。

ニックスはサクラメント・キングスに全体55位指名のカイル・ガイと、100万ドルの金銭を譲渡することによって、47位指名のブラズデイキスを獲得しました。

そしてキャップの例外を適用することで、ニックスは彼と3年間の契約を結んだのです。

それは、リトアニア出身のブラズデイキスへの期待とも言えるでしょう。

ただ懸念があるとすれば、フィズデイルHCはメンフィス・グリズリーズ時代から通じて、マーク・ガソル、エネス・カンター、クリスタプス・ポルジンギス、そしてマリオ・ヘゾニャといったヨーロッパ出身の選手を、最大限に生かせていないことです。

ブラズデイキスの成長と、フィズデイルHCの手腕が上手くいくかどうかで、リトアニアが誇れるNBA選手となれるかどうか変わってくるでしょう。

[kanren postid="15442"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS