将来に疑問を感じていたドレイモンド・グリーン「ウォリアーズはケビン・デュラントの味方」

出典:bluemanhoop.com

昨シーズンのゴールデンステート・ウォリアーズの大きな出来事の一つと言えば、11月の試合でドレイモンド・グリーンとケビン・デュラントが口論し、グリーンが1試合の出場停止処分を受けたことでしょう。

 

デュラントの感情にスポットライトが当てられることがしばしばありましたが、実際にウォリアーズとの将来に疑問を感じていたのはグリーンも同様だったかもしれません。



グリーンは『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏とのポッドキャストの中で、デュラントやウォリアーズのゼネラルマネージャーであるボブ・マイヤーズ氏との話し合いについて、次のように語りました。

 

「”マイヤーズ氏は僕を悪者にしている”と思い始めたよ。”これは僕が長年知っている男ではないのか?彼は僕とは逆の立場なのか?”ってね。”なんてこった、ウォリアーズはケビン・デュラントに味方してやがる”って考え始めた。多くの人々が僕のことを理解していなかったから、それが僕にとって一番苦しかったかな」

 

グリーンは自身の”頑固さ”を乗り越え、自身の非を認めなけえればならなかったと付け加えました。

 

彼は自分自身を理解するまで、デュラントに謝罪をすることは無かったようです。

 

グリーンのデュラントの関係は決して悪いものではなく、むしろマイヤーズ氏は彼らが最も近い人間だと考えています。

 

「みんなが知らないのは、おそらくケビンとドレイモンドが最も近い人間だということだろうね。彼らは一生の友達になれるはずだ。口論の後も彼らは互いに説明し合い、納得していた。もっと早くから防ぐことはできたはずだけどね」

 

どちらに非があったかはともかく、グリーンもまた、自身を乗り越えるための苦労があったようです。

 

【今回の一問一答クイズ】

2018-19シーズン、ケビン・デュラントとドレイモンド・グリーンが一緒にコートに出ていた際のプラスマイナスは?

  • +5.3
  • +8.0
  • +8.3

正解!正解!

不正解!不正解!

+8.0

2018-19シーズンに、ケビン・デュラントとドレイモンド・グリーンが一緒にコートに出ていた時のプラスマイナスは、チーム3位の+8.0。ちなみにクレイ・トンプソンと一緒の場合は+5.3、ステフィン・カリーと一緒の場合は+8.3となっています。

クレイ・トンプソンの今シーズン中の復帰は不可能か

2019-10-23

(参考記事:Warriors Notes: Green, Durant, Thompson, Iguodala

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください