トピックス

夏のフリーエージェントへ向け、多くを学ぶマリーク・ビーズリー

今年の8月末、キャリア4年目を迎えるデンバー・ナゲッツのマリーク・ビーズリーは、コービー・ブライアント氏が主催するトレーニングキャンプで多くのことを学びました。

『Denver Post』のマイク・シンガー氏によれば、ビーズリーはトレーニングについてこう語っています。

「そのキャンプで多くのことを学んだ。試合に備えることや、相手の倒し方とかを学べたから、良い経験になったよ。今シーズン、僕たちは多くの仕事をこなすことになる」

[kanren postid="15307"]



10月25日(日本時間26日)のフェニックス・サンズ戦、ビーズリーは3点リードで迎えた第4クォーター残り1.8秒のところで、サンズのリッキー・ルビオにファウルをしてしまい、3本のフリースローを与えてしましました。

ルビオは3本のフリースローをきっちり決め、勝負は延長戦へもつれています。

ナゲッツは最終的に延長戦で勝利を収めましたが、ビーズリーはその時のプレイについて、次にように語りました。

「僕の未熟なプレイだ。残り時間と点差を学ばないといけない。コーチからは別のことを言われたけど、これは僕が責任を取らなければいけないことだ」

彼の誠実さも素晴らしいものではありますが、もっと重要なのは、試合の明暗を分ける重要な場面で彼がコートに立てていたことです。

ナゲッツのマイケル・マローン・ヘッドコーチは、第4クォーターと延長戦の中で、ディフェンスを強化するよりも連続得点を挙げた方が、優位に試合を運べると感じたからだと説明しました。

実際、ビーズリーは第4クォーター終了間際の致命的なミスのほかに、このクォーターだけで11得点を記録し、指揮官の期待に応えています。

また、延長戦の最後のポゼッションでも、サンズのデビン・ブッカーのドライブに対して執拗なディフェンスを見せ、最後はチームメイトのトーリー・クレッグのブロックに繋げました。

まさに「多くの仕事」をこなし、信頼を引き寄せたと言えるでしょう。

情報筋によれば、10月21日の契約延長期限の前、ナゲッツはビーズリーに対し”非常に積極的に”契約延長のオファーを提示していたようです。

しかし、最終的にビーズリーは新たな契約を手にすることなく4年目を迎えたため、彼は来年の夏に制限付きフリーエージェントとして市場価値を試すことになります。

どのようなチームの関心を引き、そのオファーに対しナゲッツはマッチしようとするのか――それは、ビーズリーの今シーズンの活躍が、全ての鍵を握っていると言えるでしょう。

ビーズリーは契約交渉に関する初めてのコメントで、次にように語りました。

「多くの仕事をしたから、(フリーエージェントは)自信がある。博打とは思っていない。素晴らしい話し合いだったけど、何かしらを見つけることができなかったんだ。でも、彼らとの関係を傷つけるようなものではないし、コート上で何かが傷つくわけでもないよ」

そしてビーズリーは、自身を証明することにプレッシャーを感じてはいません。

「何のプレッシャーも感じない。今までプレッシャーを感じてきたから、こんなのは何でもないよ。これはバスケットボールだから、楽しいことだろうね。多くの仕事をこなすのは、簡単なことさ」

彼が素晴らしい4年目を過ごすことが、ナゲッツのステップアップにも繋がるでしょう。

[kanren postid="15422,15307"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS