ドック・リバースHCが語ったイーストの本命は?

出典:heavy.com

ロサンゼルス・クリッパーズのドック・リーバス・ヘッドコーチは、今シーズンも数え切れないほどの試合を観たようですが、その中でも特に彼の目に異なって映るチームがあったようです。

 

11月6日(日本時間7日)のミルウォーキー・バックス戦を次戦に控えた中、リバースHCはそのバックスについて言及しました。

 

リバースHCは既に、6月に何を意味する可能性があるのかを理解しています。

 

昨季の雪辱からラプターズを下したバックス――しかし残る懸念も

2019-11-04



『USA TODAY』のマーク・メディナ氏によれば、リバースHCはバックスを本命だと考えていることを明かしました。

 

「彼らが本命だよね?みんながどうかは知らないけど、私はそう思う。そう考えるべきだ。彼らはとんでもないチームだよ」

 

バックス戦の直前でのこのコメントは、興味深いように見えるかもしれません。

 

しかし残念ながら、今回の対戦はNBAファイナルの前哨戦と呼ぶにはほど遠いものとなるでしょう。

 

最大の理由は、クリッパーズが2人のスター選手を欠場させるからです。

 

カワイ・レナードは負荷管理プログラムのために欠場となり、ポール・ジョージはまだ左肩の手術からの回復中となっています。

 

また、NBAチームは基本的に、レギュラーシーズンでの早期の対戦が、9ヶ月後にどんな影響を及ぼすかを重要視することはありません。

 

そのため、リバースHCはレギュラーシーズン最後の5試合に注目していると言い、「(自分の考えている)NBAのパワーランキングを言うつもりはない」と付け加えました。



ただし、対戦自体は注目しなくとも、バックスに焦点を当てるのは損ではありません。

 

彼らがオフシーズンに逃したのはマルコム・ブログドンだけで、ヤニス・アデトクンボ(昨シーズンMVP)も、マイク・ブーデンホルザー・ヘッドコーチ(昨シーズン最優秀ヘッドコーチ)も、ジョン・ホルスト氏(昨シーズン最優秀エグゼクティブ)も、まだチームに残っています。

 

クリス・ミドルトンやジョージ・ヒル、ブルック・ロペスといった昨シーズンからの馴染みの顔ぶれに加え、カイル・コーバー、ウェスリー・マシューズ、ロビン・ロペスといった豊かなサポーティングキャストを揃えたバックスは、今の段階からでも注目に値するチームだと言えるでしょう。

 

リバースHCは、こう語りました。

 

「彼らはしっかり指導されている。チームにMVPが居るが、素晴らしい役割を果たす選手もいる。彼らは驚くほど素晴らしいバスケットボールチームだよ」

 

【今回の一問一答クイズ】

2018-19シーズン終了時点の通算対戦成績で、勝ち越しているのはどっち?

  • ロサンゼルス・クリッパーズ
  • ミルウォーキー・バックス

正解!正解!

不正解!不正解!

ミルウォーキー・バックス

通算117試合を戦い、バックスが65勝、クリッパーズが52勝となっています。

昨季の雪辱からラプターズを下したバックス――しかし残る懸念も

2019-11-04

サンズのベンチ陣がパトリック・ベバリーの退場に”バイバイ”

2019-10-28

(参考記事:‘They’re the favorites’ in East: Clippers’ Doc Rivers bullish on Bucks ahead of matchup

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください