トピックス

復帰間近のポール・ジョージ「リハビリにはうんざり」

ロサンゼルス・クリッパーズのポール・ジョージは、土曜日のチーム練習でカワイ・レナードと同じチームではなかったものの、同じコートに立っていました。

ジョージがオフシーズン中に2度の肩の手術を行なったことで、彼のクリッパーズデビューは遅れることとなりましたが、今こうしてコートに2人のスター選手が立っているのを見て、クリッパーズのドック・リバース・ヘッドコーチは感激しています。

『Los Angeles Times』によれば、リバースHCはジョージについてこう語りました。

「彼がフロアに立っているのを見るのは喜ばしいね。今日、彼がフロアに立てることを知った人もいるんじゃないかな」



ジョージは11月11日(日本時間12日)のトロント・ラプターズ戦に復帰する可能性がありますが、リバースHCはまだ決定的ではないと考えています。

またジョージ自身も、まだ完全に準備が整っているわけではないと言いました。

「まだいくつかやることがある。健康の面では良い調子だよ。でも、リズムという面では、彼ら(クリッパーズ)は流れに乗っているから、上手く溶け込めるようにしたいね」

ジョージは長いリハビリの過程について、クリッパーズのサム・カッセル・アシスタントコーチと笑いながら冗談を言いました。

「リハビリにはうんざりだよ。最悪だ。でも、僕はここでの長いキャリアを見据えているから取り組まないとね」

最近、簡単な練習に限られてきたジョージは、羨ましそうにチームメイトの方を見て、試合のような雰囲気に浸ってきました。

そして今、彼は土曜日に制限の無い練習を許可されたことで、新たなチームメイトに手応えを感じています。

ジョージはこう言いました。

「僕は彼らに追いつこうとしているだけだよ」

シーズン開幕戦となったロサンゼルス・レイカーズ戦の後、ジョージはクリッパーズのエネルギーに刺激されたことで、今すぐにでも試合に出る準備ができていると冗談を言いました。

その言葉が冗談でなくなる時は、もう間もなくです。

[kanren postid="15957,15939"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS