トピックス

レイカーズに注目すべきは、オフェンスよりもディフェンス

今のロサンゼルス・レイカーズの選手層は素晴らしいように思えますが、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスのスーパースターによるデュオが良すぎるために、その他の選手の貢献度はどうしても高くなさそうに見えてしまいます。

しかし、特にディフェンス面においては、スーパースターに限らず全ての選手が、非常に大きな仕事を果たしていることを忘れてはなりません。

そして就任1年目のフランク・ボーゲル・ヘッドコーチは、彼らのディフェンスが最大限に活かされるように工夫していることも…。

[kanren postid="16125"]



昨シーズン、レイカーズはディフェンシブ・レーティングでリーグ13位に終わりましたが、驚くことに今シーズンはリーグ1位となっています。

アンソニー・デイビスやダニー・グリーン、ドワイト・ハワードの加入や、ルーク・ウォルトン・元ヘッドコーチからボーゲルHCへの変更が、主な違いを生み出しているのは明白でしょう。

レブロン・ジェームズも、ここ数年では見られなかったほどディフェンスへの集中を一貫させており、レイカーズを優勝へ導くことへ意欲的になっています。

ジェームズやデイビスが居るために、レイカーズのオフェンスは非常に強力なように感じるかもしれませんが、実際のところそれは正しくありません。

彼らの今シーズンのオフェンシブ・レーティングはリーグ13位であり、特に1試合あたりのフィールドゴール試投数で3ポイントシュートが占める割合はリーグ28位、3ポイントシュート成功率はリーグ25位となっています。

そのほか、フリースロー率(フリースロー試投数÷フィールドゴール試投数)でもリーグ25位と、レイカーズは2ポイントシュートで着実に得点を重ねるチームであることが分かるでしょう。

それでも点差が開いていくように感じるのは、レイカーズのディフェンスが優れているからという理由にほかならないのです。

ディフェンスに重点を置くことは、長い間最も安価な構築方法だと知られてきました。

一流のディフェンダーでもあるスーパースターさえ一人居れば(レイカーズの場合はデイビス)、あとは多くのお金を手放さずとも、優れたディフェンダーで周りを固めることができます。

例えば、リーグの90パーセンタイルに位置するオフェンス能力を備えた選手と、リーグの90パーセンタイルに位置するディフェンス能力を備えた選手は、どちらの方が高く評価されるでしょうか?

今のリーグの風潮からしても、明らかに評価されるのはオフェンス力のある選手であるため、必然的に獲得には多くのお金が必要となってしまいます。

サンアントニオ・スパーズが、ティム・ダンカンと共にどのように20年間支配的であったのか――その答えの一つは、そこにあるとも言えるでしょう。

今のレイカーズは、ジェームズがマイアミ・ヒートで成功した時と似ています。

ヒートには元々スーパースターだったドウェイン・ウェイドや、MVP候補では無いもののオールスターのクリス・ボッシュが集まっており、得点に関して頭を抱えることはありませんでした。

あとは他の選手たちがディフェンスに力を注ぐことができれば、勝利は積み重なっていきます。

レイカーズは、ジェームズとデイビスがオフェンスを構築し、他の選手はディフェンスで大きな貢献をしているため、ここまで10勝2敗でウェスタン・カンファレンスのトップに立っています。



もちろん優勝を目指すためには、サポーティングキャストにも多少のオフェンス力の改善は求められるかもしれませんが、スーパースターとディフェンスの努力というだけでも、エリートチームには等しいものでしょう。

レイカーズにスーパースターが居ることは知っていましたが、彼らがディフェンスに重点を置いて、チームの勝利を積み重ねていることは驚きです。

[kanren postid="16125,15997"]

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS