トピックス

”新しい肩”を手に入れ、ホームデビュー戦で37得点を挙げたポール・ジョージ

11月16日(日本時間17日)に行われたアトランタ・ホークス対ロサンゼルス・クリッパーズの一戦、クリッパーズのファンはカワイ・レナードとポール・ジョージのデュオを期待していたかもしれませんが、レナードの左ひざ打撲による2試合連続の欠場により、それはお預けとなりました。

それでも、ファンはジョージのワンマンショーに満足できたことでしょう。

第3クォーター残り8分16秒にファウルをもらいながらレイアップを沈めた後、ジョージは「I'm back!(帰ってきぜ!)」と叫びました。



ジョージはわずか20分11秒の出場で37得点を記録し、これは21分未満しか出場していない選手の中では、NBA史上最多得点でした。

また、クリッパーズはホークスに150-101と49点差を付けて大勝し、これはフランチャイズ史上最大得点差での勝利でもあります。

『ESPN』のオーム・ヤングミスク氏によれば、ジョージは試合後にこう言いました。

「新しい肩を手に入れたんだ。それ以外の言葉が見つからないね。長い間、これらは健康的じゃなかったからさ」

14日(日本時間15日)のニューオリンズ・ペリカンズ戦でクリッパーズデビューをして以来、ジョージは2試合で44分間に出場し、計70得点、フィールドゴール17本中10本成功、3ポイントシュート16本中9本成功、フリースロー21本全て成功と、肩の手術からの完全復活を証明しています。

ジョージは、次のように語りました。

「初の50得点試合になっていた可能性があった。だけど、僕は自信に満ちた選手。”帰ってきた”と叫んだのは、それ以上の自信は無かったからだよ。ただの声明さ。帰って来ることができて本当に嬉しい」

[kanren postid="15957"]

クリッパーズのドック・リバース・ヘッドコーチも、復帰して間もない中でのジョージの活躍に、驚きを隠せずにいました。

「200日連続で彼が欠場していたのは何だったんだろうね?彼がプレイした2試合の効率は素晴らしい。得点だけでなく、パスや、接触のあるプレイの能力も信じられないほどだったよ」

ジョージのパフォーマンスに鼓舞されるように、チームとしてもクリッパーズは圧倒的な爆発力を見せました。

3ポイントシュートは計33本中17本を決め、ジョージ以外にも5人の選手が二桁得点を記録しています。

レナードやパトリック・ベバリー(左ふくらはぎの負傷)、ランドリー・シャメット(足首の捻挫)らの負傷者が居る中でも、全体で150得点を挙げることができたのは、ジョージに限らずチーム全体として優れたことにほかなりません。

また、リバースHCは、レナードの怪我を日常的なものだと考えており、18日(日本時間19日)のオクラホマシティ・サンダー戦では復帰させられると考えています。

それが実現すれば、ファンが望んでいたスーパースターのデュオと、周囲の優れたチームメイトの脅威を見ることができるでしょう。



ジョージは自身が育ったロサンゼルスで、ホームチームのために戦う”夢”が実現したことを嬉しく思っています。

「家族や友人の前で、ホームでプレイできる夢が実現した。観客の中には見知った顔がたくさんある。正直に言って最も嬉しいことは、それを毎晩できるということだよ」

最終的には、もっと大きな夢を地元で叶えることを、ジョージは望んでいるでしょう。

[kanren postid="16095,15957"]

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS