トピックス

サンダーでの現状に感謝するクリス・ポール「もっと悪くなる可能性もある」

今年7月に、クリス・ポールがラッセル・ウェストブルックと引き換えに、ヒューストン・ロケッツからオクラホマシティ・サンダーへトレードされた時、ポールにとってはプレイオフを競えるチームから再建チームへ移ったことで、悪い結果のようにも見えました。

ポールは『The Undefeated』のマーク・J・スピアーズ氏に対し、最初にトレードにトレードを知った時は、もちろんショックだったと語っています。

「ショックを受けたよ。実際、トレードの数日前に(ロケッツGMの)ダリル(モーリー)と話をしたら、トレードはしないと言われたんだからさ」

[kanren postid="16079"]



それでもショックから立ち直ったポールは、自身の今後に集中していました。

12月1日(日本時間2日)のニューオリンズ・ペリカンズ戦に勝利した後、ポールは『The Undefeated』にこう語っています。

「僕の考えでは、コートに立っている限りは勝つチャンスがある。僕はいつもそう思っているんだ。ただバスケットボールができるだけでも感謝しているよ。もっと悪くなる可能性もあるからね」

ポールは既に34歳、キャリア14年の大ベテランですが、今なおチームの主力として活躍を続けている選手です。

今シーズン、34歳以上で試合に出場した選手は19人居ますが、その中でポールが5番目に多い出場時間を得ているのは、素晴らしいことだと言えるでしょう。

さらにポールは、ただ派遣されただけの傭兵のように振る舞うのではなく、サンダーの若い選手の模範となるように、様々なことに取り組んでいます。

サンダーのビリー・ドノバン・ヘッドコーチは、ポールの取り組みについて感銘を受けていました。

「朝の8時30分から34歳の男が居ることで、私は彼のプロ意識に感銘を受けたよ。彼はしっかり自分の体をケアしていて、鍛え、食事も取っている。彼には、まだやりたいことが多くあるんだ」

ポールは多くの若い選手を指導していますが、同時に、彼は教えている選手からも多くのことを学ぶ指導者です。

ポールはこう語りました。

「素晴らしい男たちが居る。みんなが僕をベテランだから(学ぶ機会がある)と言うのと同じくらい、僕にも学ぶ機会がたくさんあるよ」

ポールはまだ魅力的なトレード候補選手の一人であるため、サンダーとの時間は短いかもしれません。

それでも限られた時間の中で、ポールはバスケットボールができることに感謝し、すべきことに取り組んでいます。

[kanren postid="16202,16079"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS