ウォリアーズの”ギャップイヤー”に、リーグ関係者は戦慄?

ケビン・デュラントがブルックリン・ネッツに去り、ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンが負傷したゴールデンステート・ウォリアーズは、2019-20シーズンに4勝19敗でリーグ最低勝率を記録しています。

おそらくカリーの復帰時期はオールスターブレイクの前後ですが、今のチーム成績が続けば、その時点でプレイオフの望みが絶たれている可能性は高く、巻き返しも無しにシーズンを終えることになることも考えられるでしょう。

そうなると他チームが恐れるのは、ウォリアーズの今シーズンが”ギャップイヤー”であるということです。

blank

若い選手はバスケットボールをする前に、サッカーを経験すべき?

2019-11-24



”ギャップイヤー”の本来の意味とは、高校卒業後に大学へ進学するまでに長期の休学を得られることで、これをウォリアーズに当てはめた場合、彼らは再びウェストの本命の一つとして戻ってくるだろう…ということです。

現状のウォリアーズの成績から、彼らが2020年のドラフトでかなり良い順位を引き当てる可能性は、大いに考えられるでしょう。

リーグの関係者は、早くもその可能性を恐れています。

『NBC Sports』のトム・ハーバーストロー氏は、12月4日(日本時間5日)に行われたウォリアーズ対シャーロット・ホーネッツ戦の放送中に、ウォリアーズの2020年の1巡目指名権について指摘しました。

「私が聞くリーグ関係者の話だと、彼ら(ウォリアーズ)が2020年の1巡目指名権をトレードすることを、本当に危惧している。なぜなら、その指名権でオールスター級の選手を獲得すれば、戦慄することになるからだ。あるいはルカ・ドンチッチのような選手を指名しても、戦慄することになる。2020年の指名権は、(エリック)パスカルも加わって確立されたグループに、さらに加わることになる。どのチームも、ギャップイヤーはやろうと試してみることだ」

もし、ウォリアーズが5位以内でも指名権を獲得しようものなら、彼らの選択肢はかなり広がることになるでしょう。

ウォリアーズが下位で終わることを望んでいるとは決して思いませんが、今シーズンがウォリアーズの”ギャップイヤー”となる可能性は、とても高いかもしれません。

【投票】

ウォリアーズの2020年1巡目指名権の順位は?
  • 1~5位 74%, 463
    463 74%
    463 票 - 74%
  • 6~10位 18%, 110
    110 18%
    110 票 - 18%
  • 11~14位 4%, 28
    28 4%
    28 票 - 4%
  • 15位以降 4%, 25
    25 4%
    25 票 - 4%
全体の票数: 626票
2019-12-06 - 2020-04-30
この投票は終了しました
blank

若い選手はバスケットボールをする前に、サッカーを経験すべき?

2019-11-24
blank

ディアンジェロ・ラッセルがウルブズに移籍しなかった理由は”気候”?

2019-11-20

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!