NBA最高のホームコートアドバンテージを誇る76ers

「ホームを守る」という点においては、フィラデルフィア・76ersはNBAで最も優れたチームの一つだと言えるでしょう。

直近2シーズン、76ersはホーム戦で61勝21敗という好成績を残した後、今シーズンはここまでホームでの10試合に全て勝利しています。



基本的に、選手はロードよりもホームでの方がパフォーマンスが良くなる傾向があるため、ホームで好成績を収めても驚くことはありません。

それでも、76ersは極端なケースに当てはまります。

76ersは直近2シーズンのホーム戦で計60勝以上を挙げたにも関わらず、ロードでは42勝40敗とほぼ勝率5割であったため、イースタン・カンファレンスで第1シードを獲得することができませんでした。

この傾向は今シーズンも続いており、現在76ersはロードで5勝7敗と負け越しています。

より興味深い数字を見てみましょう。

会場 ディフェンシブ・レーティング ネット・レーティング
ホーム 98.2(1位) 10.6(5位)
ロード 107.5(10位) -1.1(12位)

※日本時間12月6日終了時点、()はリーグ全体での順位

ネット・レーティング(100ポゼッションあたりの得失点差)では、ホームとロードで11ポイント以上の差が付いていますが、さらに注目すべきはディフェンス面です。

ディフェンシブ・レーティングでは、ホームでリーグ1位を誇るのに対し、ロードではリーグ10位まで落ちてしまっています。

blank

昨シーズン以上に素晴らしいケミストリーを築く76ers

2019-11-22

76ersがリーグ最高のホームコートアドバンテージを持つチームの一つになれる理由としては、多くのファンが観戦しに来るということもあるでしょう。

実際、76ersが100試合以上連続でチケットが完売しており、直近2シーズンの観客動員数の合計はリーグ1位となっています。

そして今シーズンも、1試合あたりの観客動員数ではリーグ唯一の平均2万人超えを記録しています。

こうしたファンの熱気が、76ersのディフェンスを鼓舞すると共に、相手のオフェンスの集中力を削いでいるのでしょう。

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーや、ユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルといったオールスター級の選手でも、ウェルズ・ファーゴ・センターでは納得のいくパフォーマンスができていませんでした。

76esrのアル・ホーフォードは、12月2日(日本時間3日)のジャズ戦に勝利した後、ホームに集まるファンに感謝の言葉を述べています。

「それが僕たちにエネルギーや、力を与えてくれる。それが(相手との)違いをもたらしてくれることは明らかだから、僕たちはホームを守り続けないといけないんだ」

76ersのファンは、自分たちのチームへ責任を追及することを恐れていないため、下手なプレイを連発すれば、たとえ味方であろうと構わずブーイングを送ります。

しかし、76ersの選手たちはファンからのブーイングを、パフォーマンスを向上させるための呼びかけだと受け止めています。

76ersのベン・シモンズは11月30日(同12月1日)のペイサーズ戦の後、「ファンの前では負けたくない」と語りました。

「僕たちは、彼ら(ファン)の前で負けるのが怖いんだ。シクサーズにはNBAで最高のファンが居る。偏見なんかじゃないよ。どこ(の会場)に行ったって、そんな雰囲気は無い。だから僕たちは、この街に全てを与えたいと思っているし、それは大きな責任なんだ」



76ersのホームコートアドバンテージは、まさしく本物でしょう。

だからこそ、プレイオフでもその優位性を持っていなければなりません。

昨シーズンのプレイオフ、カンファレンス準決勝第7戦が76ersのホームで行われていた場合、結果は違うものになっていたでしょうか?

その答えを知ることはできませんが、彼らが最後にホームで戦えなかったのは事実です。

ホームで支配的なのは素晴らしいことですが、多才なチームであるのはもっと素晴らしいことです。

もし、再び第7戦までもつれることになった時、最高のファンの目の前で戦うためにも、ロードでの戦い方も改善が求められるでしょう。

【投票】

今シーズン、76ersはホームで何勝を記録する?
  • 30勝以上、40勝未満 58%, 94
    94 58%
    94 票 - 58%
  • 40勝以上 38%, 62
    62 38%
    62 票 - 38%
  • 20勝以上、30勝未満 4%, 7
    7 4%
    7 票 - 4%
  • 10勝以上、20勝未満 0%, 0
    0
    0 票 - 0%
全体の票数: 163票
2019-12-06 - 2019-12-31
この投票は終了しました
blank

76ersでの時間を恋しく思うTJ・マッコネル「10勝から始まった」

2019-12-02
blank

昨シーズン以上に素晴らしいケミストリーを築く76ers

2019-11-22

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!