トピックス

ポール・ジョージ「僕はブーイングを受ける人間ではない」

12月9日(日本時間10日)――ロサンゼルス・クリッパーズ対インディアナ・ペイサーズの一戦で、クリッパーズのポール・ジョージは古巣ペイサーズのホームで戦うのが3度目にも関わらず、まるで最初の対戦のようにボールを持つたびにブーイングを受けました。

しかし、ジョージは36得点、9リバウンドを記録してクリッパーズを110-99の勝利に導いた後、悪役を演じるのは楽しいものの、ペイサーズのファンはブーイングを浴びせる相手を間違えていると言います。



『ESPN』のオーム・ヤングミスク氏によれば、ジョージは自身に浴びせられたブーイングについて、こうコメントしました。

「驚かなかったよ。(試合のホームが)インディアナだしね」

そしてその後、ジョージは2017年に自身が要求したトレードの真相を、いつの日か自身の口から語るつもりだと言います。

「いつの日か、僕がどのようにしてインディアナを離れたのか、主要な出来事を全て話すつもりだよ。そして断言しよう。僕はブーイングを受ける人間ではないってね。(今は)悪役になることを楽しんでいる。だけど彼らがブーイングを浴びせるべき人間は、僕よりずっと長くここに居る人間さ」

ジョージは誰のことについて語っているのか明らかにしませんでしたが、ペイサーズの運営部門代表であるケビン・プリチャード氏について、否定的なことは何も言わないとコメントしました。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS