NBAの歴史に名を刻んだ”ホリデー3兄弟”

ドリュー・ホリデーが在籍するニューオーリンズ・ペリカンズと、ジャスティン・ホリデーとアーロン・ホリデーが在籍するインディアナ・ペイサーズが12月28日(日本時間29日)に対戦し、ついに”ホリデー3兄弟”が同じ試合に出場するという新たな歴史が生まれました。

『Elias Sports Bureau』によれば、同一試合に3兄弟が出場したのはNBA史上初めてのことです。

ドリューとアーロンが先発出場した後、第1クォーター残り5分13秒にジャスティンがコートに入りました。



ペリカンズが120-98でペイサーズに勝利した後、兄弟とジャージーを交換したドリューは、兄弟全員で同じコートに立てたことについて次のように語りました。

「楽しかった。家族全員が、その瞬間を共有するためにここに居る。自慢するつもりは無いけど、良い気分だよ」

3兄弟と言えば、12月19日(同20日)のロサンゼルス・レイカーズ対ミルウォーキー・バックス戦で、ヤニス・アデトクンボ、タナシス・アデトクンボ、コスタス・アデトクンボが出場する機会がありましたが、その時に出場したのはヤニスだけでした。

ドリューはその試合に何も賭けていなかったものの、(勝利を)自慢するためにディナーにステーキでも食べようかとジョークを言いました。

兄弟の両親であるショーン・ホリデーさんとトーヤ・ホリデーさんは、ペリカンズの反対側のコートサイドに座って兄弟の試合を観戦し、ショーンさんはジャスティンがドリューをディフェンスする場面を、ビデオで録画していました。

ショーンさんは試合前、3人の息子が同じ試合に出場することについて、「ありがたいこと」と語っています。

「他に言いようがない。これ以上の言葉は無いよ。(息子が)子供の頃は想像もできなかった。それもこんな(NBAの)レベルで実現するなんて、衝撃的なことだよ」

「彼らが楽しんでいるのを見るだけで、私たちは嬉しい。私たちの最高の喜びは、彼らを見ることだからね。彼らは互いにプレイしたり、一緒に居ることを楽しんでいる。全員がコートに立てば、楽しいだろうね」

3兄弟がコートに立つのはローテーションの問題もあって遅くなりましたが、それでも第3クォーター残り4分54秒に実現しました。

この時、本来であればドリューはベンチに下がる予定でしたが、彼はペリカンズのアルビン・ジェントリー・ヘッドコーチに対し、もう少しコートに残してもらうように頼んだと言います。

「僕は彼に残りたいと言ったんだ。本気で、そういった時間を一緒に過ごしたかった。年齢が違ったから、僕たち3人は一緒にコートに立ったことが無いんだ」



試合内容としては、アーロンが4本の3ポイントシュート成功を含む両軍最多の25得点を記録し、ドリューが20得点、7アシスト、ジャスティンが4本のショットを全て外して無得点に終わりました。

そして何より、ドリューは勝利できたことを喜びます。

「本当にやりたかったことは、良いプレイをすることだけさ。勝ててよかったよ」

ホリデー3兄弟の次の対戦は、2月8日(同9日)にペイサーズのホームで行われます。

blank

1年前のクリスマスに移籍を考え始めたアンソニー・デイビス「勝てると思えなかった」

2019-12-27
blank

マルコム・ブログドンがバックスを去った理由「僕を評価していれば」

2019-12-23

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!