トピックス

8試合の欠場から復帰したマーカス・スマート「しばらく目が見えなくなると思っていた」

ボストン・セルティックスのマーカス・スマートは、8試合の離脱を経た後に12月28日(日本時間29日)のトロント・ラプターズ戦で復帰し、23分間で7得点、3リバウンド、2アシスト、3スティールを記録しました。

離脱していた間、彼の両目に影響を与えていたのは”ウイルス性結膜炎”だったようです。



『ESPN』によれば、スマートは自身の症状について「しばらく目が見えなくなると思った」と語りました。

「ウイルス性結膜炎の最悪の症例だったと思う。これまでの長い経験の中でも、一番の痛みだった。誰にもこんな経験をしてほしくないね」

スマートが最後に試合の出場したのは、12月6日(同7日)でした。

スマートは、この試合の後にアレルギー反応と酷い風邪をひいたため、免疫システムが機能しなくなり、結果的にウイルスに感染したと言います。

予期せぬ症状に予定よりも離脱は長引きましたが、何はともあれ復帰できた彼の今後の活躍に期待しましょう。

[kanren postid="16299"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS