トピックス

ウィル・バートンがマリーク・ビーズリーに与えた激励

数日前、デンバー・ナゲッツのマイケル・マローン・ヘッドコーチは、マリーク・ビーズリーについてこう語っていました。

「マリーク・ビーズリーは”自分はもっとプレイすべきだ”と言っている。彼の言う通りだ。否定することはできない」

ビーズリーは、1月11日(日本時間12日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦で13分間、さら15日(同16日)のシャーロット・ホーネッツ戦では、わずか7分間しか出場時間を与えられませんでした。



それでも、延長戦にもつれた16日(同17日)のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦では39分間に出場し、シーズン最多の27得点を記録するなどチームの勝利に大きく貢献しました。

『Denver Post』のマイク・シンガー氏によれば、ビーズリーはベテランのチームメイトであるウィル・バートンから、試合前に激励を受けていたと言います。

「全て忘れなければいけない。利己的にも、”僕はプレイしなければいけない、プレイしなければいけない”となってもいけない。常に準備をして、コーチが自分の名前を呼んだ時は、いつでもその機会に感謝しなければいけない(と励まされた)」

そしてビーズリーは機会を与えられた中で、勝利に欠かせない働きを見せました。

試合後、マローンHCはビーズリーを長く起用した理由を、こう語っています。

「自分を哀れだと思うのか、それとも準備をしているのか。彼は準備をし続けていた」

ウォリアーズ戦ではギャリー・ハリス、ジャマール・マレー、ポール・ミルサップが欠場することになっていたとはいえ、バートンの言葉はビーズリーにとって大きなものとなったでしょう。

[kanren postid="16584"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS