トピックス

いずれロスターの変更も必要だと考えるカイリー・アービング「真ん中にいるためにやっているわけではない」

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、来月のトレード期限までにロスターの大幅な改善を望んでいるわけではないものの、いずれ優勝を争うためには、そういったことも必要だろうと主張しました。

現在、ネッツは18勝22敗でイースタン・カンファレンスの8位につけています。



『ESPN』のマリカ・アンドリュース氏によれば、アービングは「僕たちには優勝という野心があると思う」と語りました。

「僕たちはプレイオフの8番目のシードになることを望んでいるのだろうか?それとも7番目のシード?僕たちはグループとして団結できることを理解している。だけど、目標はやはり優勝だ。僕は平凡な成績を残したり、順位の真ん中にいるためにやっているわけではない」

1月15日(日本時間16日)のフィラデルフィア・76ers戦に敗れ、チームが連敗を喫した後、アービングはチームに欠けているものが何であるか”明白”で、次のレベルに到達するためには別のピースが必要であるとコメントしました。

[kanren postid="17147"]

アービングはそのコメントの中で、ケビン・デュラントやディアンドレ・ジョーダン、ギャレット・テンプル、スペンサー・ディンウィディー、キャリス・ルバートを主要なピースとして名前を挙げましたが、ジャレット・アレン、トーリアン・プリンス、ジョー・ハリスといった他のローテーション入りしている選手の名前は挙げませんでした。

このことについて尋ねられたアービングは、次のように答えています。

「僕は連絡を取って、彼らが僕の意図を正確に受け取っていることを確認したよ。重要なのはそれだけさ。彼らは自分たちを信じているから、僕もチームとしての自信を何度も繰り返し言っている。ウェストに対抗して、優勝を争えるレベルになるためには、もっと多くのことが必要なんだ」

ボストン・セルティックスでの出来事もあってか、しばしばコメントや態度が取り上げられてしまうアービングですが、ネッツでの彼とチームメイトの関係が悪いようには見えません。

イースト8位でプレイオフの当落線にあるということも、アービングが注目されてしまう一つの要因となっているのでしょう。

懐疑的な人々を黙らせるためにも、レギュラーシーズン後半戦の快進撃に期待したいところです。

[kanren postid="17147,17105"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS