キングスに指名されると本気で感じていたルカ・ドンチッチ

 

blankダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、2018年のドラフトでアトランタ・ホークスに全体3位指名された後、マーベリックスへトレードされました。

 

しかしドンチッチは、当時全体2位指名権を保持していたキングスが自身を指名すると感じていたようです。



『The Athletic』のサム・アミック氏によれば、ドラフトを間近に控えた2018年6月5日に、キングスの代表がディナーのためにマドリードを訪問したことについて、ドンチッチはこう語りました。

 

「彼らはオーナーも含めて来た。(キングスの首脳陣の)誰もが来てくれたから、僕を指名するのだと本気で思ったよ」

 

ところがドラフト当日、キングスは全体2位でマービン・バグレー三世を指名しました。

 

ドンチッチは自身がキングスに指名されなかった理由について、こう推測します。

 

「(所属が)ユーロリーグだったことが影響していたんだと思う。僕はスペインリーグで平均12得点、ユーロリーグでは平均14得点だった。他とは異なるバスケットボールだからね」

 

同年に指名されたディアンドレ・エイトン(20.1得点)やバグレー(21.0得点)、トレイ・ヤング(27.4得点)らは、NCAAで当然のように平均20得点を記録していただけに、ドンチッチの成績は霞んで見えたのかもしれません。

 

blank

ルカ・ドンチッチとトレイ・ヤングのトレード――どちらが勝者か決めるのはまだ早い

2020-01-16
blank

トレードを希望したドウェイン・デッドモン「才能が認められるところへ行きたい」

2020-01-01

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!