トピックス

アストロズの質問に、ジェームズ・ハーデンは「個人的な問題で悩んでいる」

ヒューストンには、NBAのロケッツ以外にも、MLBのアストロズの本拠地もあります。

しかし、どちらの球団も、現時点では問題を抱えていると言えるでしょう。

特にアストロズは、2017年の2018年の一部の試合でサイン盗みがあったことで、監督やゼネラルマネージャーが解雇されるなど、大々的に報じられています。



一方で、ロケッツも直近5試合で4敗を喫するなど、シーズン中盤戦の戦いに陰りが見えています。

そのため『Rockets Wire』のベン・デュボース氏によれば、ハーデンがアストロズを取り巻いている問題について質問された時、そのことに対してコメントする気はありませんでした。

「正直、僕はそのことについてあまり詳しくない。心配することなら、個人的な問題で悩んでいる。今はあまり良いプレイができていない。だから、僕はあなたに何の情報も提供できない」

ハーデンも含め、ここ最近のロケッツのパフォーマンスが低下しているという評価は、真っ当なものでしょう。

今シーズンのハーデンは平均37.1得点と脅威的なスタッツを記録していますが、特に1月9日(日本時間10日)のオクラホマシティ・サンダー戦と、15日(同16日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦では、それぞれ17得点と13得点に終わりました。

また直近5試合でも、フィールドゴール成功率35.9%、3ポイントシュート成功率29.6%と、今シーズンの平均と比較すると著しく低下していることが分かります。

▼今シーズンと直近5試合のハーデンのスタッツ比較

得点 FG% 3P% ± オフェンシブ・レーティング
今シーズン 37.1 44.5% 37.0% +4.8 113.9
直近5試合 27.4 35.9% 29.6% -6.0 104.4

また、ディフェンス面も悪化していることは明らかです。

今後5試合でも、うち4試合はウェスタン・カンファレンスのプレイオフ圏内にあるチームとの対戦となるだけに、パフォーマンスを取り戻すことが重要となるでしょう。

ロケッツやハーデンにとっては、同じヒューストンに位置するとしても、アストロズより集中しなければならない課題です。

[kanren postid="17162,17088"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS